役立ち情報ブログ

大阪市にお住まいの方へ! 汚部屋とごみ屋敷でかかる病気について紹介します!

□ごみ屋敷にかかわる病気とは

ごみ屋敷に住んでいるだけで、身体や精神に大きな病気ができることがあります。
よく知られている例としては、主に4つあります。

1つ目は,うつ病です。
部屋が汚いことで人間の気持ちは下がります。

そのため、物事を悲観的にとらえることが多くなります。
また、ネガティブになりすぎると生きる気力を失うこともあります。

不衛生な住居や身だしなみが汚いと、うつ病にかかります。
日ごろから、部屋と身だしなみをきれいに保ち、気持ちを整えることが大切です。

2つ目は、総合失調症です。
総合失調症とは、幻覚や幻聴になることです。

ごみを処分しないことで引き起こされることがあります。

しかし、総合失調症の人家がごみ屋敷になってしまうこともあります。
症状は人によって異なります。

生活スキルが下がりすぎないようにするために、ごみを捨てる習慣をつけましょう。

3つ目は、認知症です。
認知症とは、物事を判断する力が衰えることです。

正しい認知や判断ができないため、ごみの対象の判断がつかないことがあります。
そのため、ごみの日にごみを出し忘れることがあります。

認知症にならないためにも、日ごろから物事を判断する力を身に着けることが大切です。

4つ目は、セルフネグレクトです。
セルフネグレクトとは、食事をとらなかったり、家事をしなくなったりすることです。

生活するうえでとるべき行動ができない人は、自分の部屋の掃除もできません。
日ごろから、自分の生活習慣を見直し行動することが大切です。

□汚部屋、ごみ屋敷にかかわる病気の治し方とは

1番大切なことは、生活していくうえで病気が関連してそうだと感じた際は、早急に医療機関に行くことが大切です。

医師の話を聞くことで、病気が軽くなったり、対処できることがあります。
早急に行くことで、治る早さも変わります。

自分で片付けることが困難な人は、清掃業者を頼むことが大切です。
また、1人暮らしをしている人は家族に相談し、掃除を手伝ってもらうことも大切です。

□まとめ

「病気を未然に防ぎたい」「自分や家族の家をきれいに保ちたい」
このようにお考えの方は、ごみ屋敷にならないために日ごろから掃除することを心掛けることが大切です。

当社は、お客様のニーズにお応えし、部屋をきれいにするだけでなく身体や精神を整えます。
お気軽にご相談ください。