役立ち情報ブログ

大阪市にお住まいの方へ! 汚部屋とごみ屋敷に住む人について紹介します!

□汚部屋、ごみ屋敷に住む人の心理とは

一般的に見てごみと思われるものに囲まれている人は、主に4つの心理があります。

1つ目は、もったいないと感じてしまい、不要なものも捨てられない心理です。

どんなものもなるべく有効活用したり、リサイクルして使ったりする人は、ごみ屋敷の家に住んでいます。

ものを大切に使うことは良いことです。
しかし、必要なものと不要なものを分ける作業は必要です。

そのため、持っているものを上手に活用する方法や保管方法考えることで、ごみ屋敷は改善されます。

2つ目は、ショッピングが好きな人です。
不要なものを捨てても、すぐに新しいものを買う人は自然にものが増えていきます。

買い物が原因で、住居をごみ屋敷にしてしまう人がいます。
少しショッピングの数を減らすことで、ごみ屋敷を改善できます。

3つ目は、人の手を借りることに対して申し訳ないと感じてしまう人です。
すべて自分でしないといけないと思う人は、自分で片付けられない状態でも人に頼まず、ごみを溜めてしまいます。

時間と体力があれば掃除は出来ます。
しかし、仕事が忙しいなどの理由で、片付けられない人もいます。

人の手を借りることに対して申し訳ないと感じる人は、家族や友人に相談することが大切です。
また、清掃業者を利用することも大切です。

4つ目は、片づけをすることが極端に嫌いな人です。
片付けが嫌いな人は、家が汚くても片付けや掃除しようとしません。

汚いものを触れなかったり、整理整頓ができなかったりする人は、ごみ屋敷になります。

また、ごみが増えていくと、さらに掃除する気力が失われます。
そのため、清掃業者に頼んで片付けや掃除することがおすすめです。

□汚部屋やごみ屋敷に住む人の心理の改善策とは

住民の心理を変えるためにできることは、主に3つあります。

1つ目は、自治体と協力して住民の話を聞くことです。
1番大切なことは、住民の話を直接聞いてあげることです。

悩んでいることや不安に感じていることを聞いてあげることは、住民の気持ちや感情を軽くしてくれます。

自治体の人と協力してどう対処していくか決めていくことが大切です。

2つ目は、きれいな部屋に住んでもらうことです。
清潔感のある部屋で暮らすことで、ごみのない暮らしの快適さを感じます。

ごみ屋敷に住む人は、ごみに囲まれた生活に慣れてしまい、片付ける気力を失います。
きれいな部屋に住み、今の自分の家を客観的に見てもらうことが大切です。

3つ目は、ごみを捨てる場所を明確にすることです。
ごみ屋敷になれると、ごみを捨てる習慣がなくなります。

そのため、ごみを捨てることを習慣化してもらうことが大切です。
よく知られている例としては、大きなごみ箱を置くことです。

捨てる場所が明確になり、ごみを捨てる習慣が付きます。

□まとめ

「自分の部屋をきれいにしたい」「ごみ屋敷に住む人を手助けしたい」
このようにお考えの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。