役立ち情報ブログ

汚部屋掃除を自分でやる?業者に任せる?それぞれのメリットと判断基準を解説します!

東大阪市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。
今回は、汚部屋の大掃除をしたいけど自分でやろうかプロに任せようか迷っている方に向け、
それぞれの注意点や判断の基準を解説しますのでぜひご参考下さい。

□自力で片付ける場合に

まず、自力で可能な汚部屋レベルの条件は3つあります。

1つ目は、広さが3DK以下であること。
2つ目は、水回りの修理が必要なく使用可能な状態であること。
3つ目は、近所から苦情が来ていないこと。

以上の3つです。
これが満たせていたら、自力で掃除をしてきれいな部屋に戻すことは可能でしょう。

自力で掃除する場合の注意点についてもポイントを2つ解説します。

1つ目は、十分な人手と時間を確保することです。
ゴミ屋敷の掃除は、1日では終わりません。
一人でやる場合はなおさら不可能だと思ってください。

家族や友人に助けを求め、少なくとも2、3日は掃除のために時間をとりましょう。
また、部屋が多い場合は同時に全部屋を進めるより、全員で一部屋ずつ掃除を完了させていくのがおすすめです。

2つ目は、ゴミの回収日や回収センターの受付時間を確認しておくことです。
片付けたゴミを放置してしまうと、掃除をした意味がありません。
また、回収日と合わず外に出しておくと苦情が来る可能性もあります。

汚部屋やゴミ屋敷の掃除では、ゴミが大量に出るので自治体のゴミ処理センターに持ち込むのが良いでしょう。
ほとんどの自治体は平日に受付を行なっているのでぜひご確認ください。

□プロに頼む場合

最近ゴミ屋敷が増えている背景から、ゴミ屋敷の相談窓口を設ける自治体が増えています。
自治体に相談すると、各関係機関と連携しながら対策を検討し実施してくれます。

しかし、状況によって清掃業者の紹介のみだったり、対応が遅かったりする場合があるのが自治体に相談するデメリットではあります。

一方で、民間企業に依頼するという方法もあります。
対応も早いですし、労力も時間も使うことなく部屋がきれいになります。
費用の負担が大きいのがデメリットですが、事業者や片付けの範囲によっても料金は変わります。

家に入れて、貴重品を含む片付けを頼むので、信頼できる企業に依頼しましょう。
また、プライバシーを守ってもらえる企業かどうかも判断の基準にすると良いです。
ダストレでは、ゴミに混じった思い出の品や貴重品なども、出来る限り仕分けし、作業完了時にお返しすることを心がけています。

□まとめ

今回は、汚部屋掃除を自力で行う場合とプロに頼むときの違いや注意点を解説しました。
ダストレは、汚部屋掃除に加え、不用品回収、粗大ごみの処分も行なっています。
あなたの生活をより素敵にさせるためにも、ぜひお手伝いさせて下さい。