役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷をきれいにしたいけど恥ずかしくてプロに頼めないと思っている方へ

東大阪市で不用品回収、粗大ごみの処分を行っているダストレです。
ゴミ屋敷をきれいにしたいけれど、恥ずかしくて相談することができないという悩みをお持ちではないでしょうか。
今回は、そのような心配することはない理由と、心配させないプロの工夫をご紹介します。

□心配事を清掃業者目線で考えてみよう!

他人を部屋にあげ、じっくりと見られるのは誰にとっても抵抗のあることです。
それに加え、部屋が汚いとなると恥ずかしいと思うのも致し方ありません。
しかしそこで、視点を変えて、掃除のプロの立場になって考えてみましょう。

まず、清掃業者は清掃することが仕事であり、そこに誇りを持っています。
ゴミ屋敷になってしまう人の中には、掃除が嫌いな人も多いと思います。
しかし、清掃業者は掃除のプロでありお客様の喜ぶ顔を見るためにやりがいを持って掃除をしています。

また、専門業者はこれまでたくさんのゴミ屋敷を掃除してきた経験があります。
さまざまな清掃に対応してきたので、ゴミ屋敷の現場に慣れていますし適切に対応することができます。

以上のように、プロに任せる上で「恥ずかしい」という心配はご無用です。
ダスキンは関西で清掃業務を承っているので、ぜひお客様の生活の質の向上に貢献させてください。

□プライバシーを守るプロの2つの工夫とは?

掃除のプロは、お客様の「恥ずかしい」という気持ちを尊重しさまざまな工夫を取り入れています。
今回は3つ紹介します。

1つ目は、なるべく少人数で清掃業務を行うことです。

スタッフが大勢いると、作業時間は短く済みますが近所で目立ってしまいます。
そのようなことを避けるために、少人数で対応することも可能です。
また、少ない人数で効率よく掃除をすることで費用を抑えることもできます。

2つ目は、段ボールにゴミを詰めて搬出する方法です。

段ボールで運べば、引っ越し作業とも区別がつかずカモフラージュになります。
ただ、作業が多くなり費用は割高になってしまうので予算内に納めるためにも相談しながら決めましょう。

このほかにも、要望を伝えればできるだけ配慮したり対応したりできることはあります。
まずは勇気を出して見積もりを取ってみることをおすすめします。

□まとめ

今回は、ゴミ屋敷をきれいにしたいけれど恥ずかしくて相談や依頼ができない人に向けて、心配を解消するために解説しました。
ゴミ屋敷になってしまったなら、プロに任せてまたきれいにすれば大丈夫です。
なるべく早くきれいにすることがご自身や近所の方にとっても最善ですので、ぜひ参考にしてご検討くだされば幸いです。