役立ち情報ブログ

意外と簡単?汚部屋を片づけるコツをご紹介!

大阪で片づけを怠ってしまい汚部屋になってしまっている方はいらっしゃいませんか。

一度汚部屋化してしまうと、なかなか片付けるのが大変ですよね。

今回は、そういった方でも気楽に始められる、自力で片づける際のコツについてご紹介いたします。

□自力で片づけたい!片付けのコツとは?

汚部屋化してしまった部屋を片付ける際のコツは3つあります。

1つ目のコツは、紙袋や箱を捨てることです。

汚部屋となってしまう原因の多くは、ネットショッピングの段ボールや、靴を入れていた箱、紙袋などをいつか使えると思って置いていることにあります。

いつか使うために置いておくにしても、基本的には1つか2つあれば十分足りるでしょう。

特に段ボールの箱がいくつか蓄積しているだけで、部屋の中がキレイに見えなくなります。

それによって、部屋をキレイに保つ気持ちが少しずつ緩んでいき、汚部屋となってしますケースが多いのです。

まずは箱や紙袋のように、大きいけれど捨てるのが簡単なものを取り除き、少しでもキレイにすることで片づけにやる気を出しましょう。

2つ目のコツは、チラシや雑誌を捨てることです。

チラシや雑誌は、意識して捨てるようにしていなければ、気づかぬうちに蓄積していきます。

これらをそのまま放置し続けてしまうと、汚部屋から解放されることは難しいでしょう。

一度すべて捨ててしまうと同時に、必要のないチラシは来ないように切り替えておくことをおすすめします。

また、通販のカタログや封筒に入ったチラシは、個人情報が書かれているので、必ずハサミやシュレッダーでわからないようにしておきましょう。

3つ目のコツは、現状使っていないものに感情移入しないことです。

3つのコツのうちでこれが最も重要です。

過去に使った愛着や今後使うかもしれないという気持ちを引きずると、汚部屋の原因となってしまいます。

今後使うかどうかではなく、今使っているかどうかで判断できるようになるだけで、汚部屋が一気に解消されるでしょう。

□まとめ

今回は、気楽に始められる、自力で片づける際のコツについてご紹介いたしました。

自力で片づけるのであれば、これらを意識して片づけると汚部屋を解消できるでしょう。

しかしながら、どうしても手間がかかってしまいます。

手間をかけたくない方は、当社で不用品回収をご利用いただくことをおすすめします。