役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷は虫に要注意!虫が発生する理由と種類とは

「どうしてゴミ屋敷に虫が発生するのだろうか。」
「ゴミ屋敷に発生知する虫の種類を知りたい。」
このようにお悩みの方は多いですよね。
この記事では、ゴミ屋敷に虫が発生する理由とゴミ屋敷に発生する虫の種類について解説します。
ぜひこの記事をお役立てください。

□ゴミ屋敷に虫が発生する理由とは

1つ目の理由は、虫の餌となるゴミがあるからです。
食べ物のかすや生ゴミなどにゴキブリやハエが集まってしまいます。
さらには、そのゴキブリを餌とするアシタカグモもゴミ屋敷に集まる可能性があります。

以上のように、生ゴミの腐敗やカビや臭いの発生により害虫が発生することがあります。
このようになることを防ぐために、ゴミ屋敷になる前に定期的にゴミを捨てましょう。

2つ目の理由は、掃除をしないために繁殖するからです。
先ほど、ゴミ屋敷には害虫が集まると記載しました。
それに加えて、掃除をしないことで害虫が繁殖する恐れがあるのです。

床一面をゴミで埋め尽くされた足の踏場のない状態では、なかなか掃除はできません。
そしてその状態が続くと害虫のすみかとなり、タマゴを産んで繁殖してしまいます。
このように、ゴミ屋敷になって掃除をしない状態が続くと、害虫が集まるだけではなく、害虫のすみかになってしまう恐れがあります。

□ゴミ屋敷に発生する虫の種類とは

代表的な虫がゴキブリです。
ゴキブリは雑食なため、食べ物のかすが散乱しているゴミ屋敷は餌の宝庫となります。
ゴキブリは、暗く、湿気が多く、暖かく、狭い空間を好み、ゴミ屋敷はそれらの条件が当てはまりやすい環境といえるでしょう。
ゴキブリは生命力と繁殖力がとても強いため、このような条件がそろっているゴミ屋敷では簡単に繁殖してしまいます。

次に紹介する害虫は、ダニです。
ダニはふけや皮脂、ほこりを餌としています。
床がゴミで埋め尽くされているゴミ屋敷では布団を持ち上げて掃除をすることができません。
そのため、敷いたままの布団の周りもダニだらけになってしまいます。

最後に紹介する虫は、アシタカグモです。
この虫はゴキブリやネズミを捕食してくれるため、ゴミ屋敷にとってはむしろプラスになることがあります。
アシタカグモ自体は人間に害を及ぼすというわけではありません。
しかし、アシタカグモが発生しているということはゴキブリのような害虫がもうすでに家の中にいることを意味するため、注意しましょう。

□まとめ

今回は、ゴミ屋敷に虫が発生する理由とゴミ屋敷に発生する虫の種類について紹介しました。
ゴミ屋敷に虫が発生する理由は、主にゴミ屋敷の中に虫の餌となるものがたくさんあるからです。
食べ物のかすやほこりなど、様々なものが虫の餌となります。
大阪でゴミ屋敷や汚部屋でお困りの方はぜひ当社にご連絡ください。