役立ち情報ブログ

話を聞いてくれないゴミ屋敷の住人をどう対処すべきか その3

前回・前々回とゴミ屋敷の住人への対処法を述べてきました。
今回でこの内容についての記事は最後となりますので是非ご覧ください。

 

・市役所に連絡する
ゴミ屋敷が賃貸物件で起こっていることなら管理会社に連絡すればいいのですが、その家がその住人のものである場合この手段は断たれます。
財産権の関係からも勝手にゴミ屋敷を撤去することもできません。
しかし最近では各都道府県、市区町村のよってゴミ屋敷に対する条例が設けられています。
これは近年ゴミ屋敷が抱える悪臭・火災問題などの深刻な問題が認知され始めたためにできた条例です。
まずは市役所に現状を相談してみるのがよいでしょう。

 

・弁護士に相談する
民事上では「不法行為」に対する損害賠償を求める訴訟も検討できますので、一度弁護士などの専門家に相談してみるのもいいでしょう。
しかし相手が無資力なら実際上は回収できませんので注意してくださいね。

 

いかがでしたでしょうか。
ゴミ屋敷の対処法は今までの記事を参考にしてみてください。
またあなたがゴミ屋敷の住人にならないとしてもあなたのご家族がゴミ屋敷の住人になってしまうことは大いにあります。
ご家族がトラブルの種にならないためにも、もしご家族の家がゴミ屋敷になりかけていたら早急に対処してください。