役立ち情報ブログ

大阪市で収集してくれないごみとは?

大阪市で収集しないごみは大きく分けて下記のとおり3パターンあります。

 

まずは家電リサイクル法対象4品目(家庭用のエアコン、テレビ、冷蔵庫及び冷凍庫、洗濯機及び衣類乾燥機)。
こちらは消費者が家電販売店に引き取ってもらうものです。
あくまでも家庭用に限定されていますので、家庭で業務用を使っていた場合は対象外となり、法人で家庭用を使っていた場合は対象となります。

 

続いて、「資源有効利用促進法」で家庭用パソコンのメーカー等に回収および再資源化が義務づけられているので、こちらも家電販売店などに引き取ってもらいます。
メーカーは引き取った商品の部品を再利用し、新製品を製造することが求められています。

 

最後に危険なもの、処理が困難なものです。
その他品目には有害な薬品類やバッテリー、ミニバイクなどがあるのですが、ごみ収集車が損傷したり、作業員が怪我したり、ごみ処理施設が損傷したりするなど大事故につながる可能性があるとされるものと定められています。

 

引き取り先については製造メーカーに問い合わせるようにしてください。
こちらは一見引き取り不可がどうか判断が難しいものが含まれていますので、廃棄の際は必ず確認をすることが大切です。