役立ち情報ブログ

スプレー缶の放置には厳重注意!

自宅で使わなくなったスプレー缶を放置していることはないでしょうか。
スプレー缶の放置は非常に危険なため、取り扱いには十分な注意が必要です。

 

その危険性としてひとつめには、温度が高まると爆発を引き起こす可能性があるということがあげられます。
特に夏は爆発のリスクがあるといえるでしょう。

 

たとえば車の中や室外に設置している物置の中など、気温が高い日には、室内の温度が予想以上に高くなることがあるでしょう。
車の中はサウナ状態になり、ハンドルもやけどをしそうなほどに熱くなり、シートに座るのもすぐには座ることができないくらいに熱くなっています。

 

そのような場所にスプレー缶を放置していると、爆発を引き起こす可能性があります。
車内に置いてあるスプレー缶が爆発すれば、シートは汚れ、窓ガラスまで割れてしまう可能性があります。

 

また中のガスが知らない間に出てしまう恐れもあります。
冷却スプレーなどの多くは、空気より重いガスであるため、車内に滞留しがちとなります。

 

狭い空間で知らない間にガスが漏れていて、その空間でタバコに火をつけるなどの行為をするとどうなるでしょうか。
爆発事故や火災の原因にもなるので、十分に注意しなければなりません。