役立ち情報ブログ

親の汚部屋を掃除しよう! 安全空間を作ろう

自分の部屋の状態は問題ないけれど親の部屋の状態に問題があるという人もいるでしょう。親が高齢の場合には、自分たちできれいにするということが厳しい場合もあります。無理に掃除をしてケガをするということもあるものです。かといって放っておいたら物につまずいたりしてケガをする恐れもあるでしょう。

 

こういったことにならないようにするために、片付け・掃除を手伝って、安全空間を作ることが大切です。どこから手をつけたら良いか迷う人もいるでしょうが、まずは普段使うトイレ・洗面台やお風呂からきれいにするという手があります。

 

水まわりの掃除というのは、汚れを落とすのが難しい状態になっていることもあり、完璧にきれいにするとなるとかなりの労力を必要とすることがあります。ですから、まずは安全に使えるぶんだけ掃除するといった着手の仕方をするのも手です。取りあえずケガさえしなければ、あとは日々少しずつきれいにしていけば良いのです。

 

ちなみに、親の身体が心配だからこけないようにゴミを捨てると説明しようとしている人もいるでしょうが、重いゴミを捨てたり、大きなゴミを捨てる場合、ケガをする恐れがあります。ですから、こういった作業もきちんとサポートしておきたいところです。