役立ち情報ブログ

親の汚部屋を掃除しよう! 収納ルールを作ろう

両親の汚部屋を掃除するとなると、2人分の汚れということになりますから、なかなか手強いことがあります。しかし、大切なのはまず着手することです。少しずつでも片付いてくれば、モチベーションが上がってくるものです。

 

なお、片付けが大変なレベルの汚部屋となると、ちょっとやそっとでは片付かない場合がありますから、一旦作業を止めて計画を立てることも大切と言えます。

ある程度片づけたらルールを作ろうと考える人もいるでしょうが、その時には、覚えやすいようにリストアップしてみると良いものです。これはどういった物かというと、捨てる物としまう物を決めて、書き出してみるのです。1つ1つ細かく書いていくのは大変ですから、大まかでもかまいません。

 

そして、どこに何を捨てるか、しまうかをきめるとやりやすいです。ダンボールを集めて縛ったら捨てる、洋服を紙袋に入れてリサイクルショップに持っていく、しばらく使わない物は天袋にしまうといった具合に、物ごとの行き先を決めていくのです。

 

なお、使用頻度が高い物を天袋のように取り出しにくい場所に収納してしまうと、生活が不便になりますから、そういった物は取り出しやすいところにしまうことが大切と言えます。