役立ち情報ブログ

汚部屋から綺麗な部屋になろう 棚を整理しよう

汚部屋になってしまう理由というのは、あるべき場所にあるものを収めておかないことからどんどん部屋が散らかっていってしまうというものがあります。
そのため、汚部屋から綺麗にするためには棚の整理をして、あるべきものだけをそこに収納するようにすることで、少しずつ汚部屋が改善されて言うことになります。

 

棚の中に本来あるはずのないものをポリ袋に入れて処分をし、棚に入れるものをきちんと決めよう。
そうすることによって、あちこちにものが散らかるということがなくなり、綺麗な部屋にすることができます。

 

棚の片付けが終わったら当たり前のことですが、棚の中は雑巾で拭こう。
整理整頓が付けばそれでおしまいというのではなく、汚れている部分は綺麗にすることが汚部屋脱出の第一歩です。

 

片付ける習慣、掃除をする習慣というのと小さなところから始めていくとそれが少しずつ部屋を綺麗にする習慣になっていくので、汚部屋から綺麗な部屋になっていきます。
小さなところからの積み重ねが最終的には綺麗な部屋に結びついていくことになりますから、適当にしてしまいがちな棚の整理はしっかり行っていくことが大切です。
日頃から収納場所を意識する習慣を大事にすれば、汚部屋から脱却できます。