役立ち情報ブログ

汚部屋から綺麗な部屋になろう 捨てよう!

汚部屋を綺麗な部屋に戻すためには、コツが必要です。効率良く動いていかないと、途中で疲れてしまい、作業を中断してそのままにしてしまうかもしれませんから、注意しておきましょう。

 

覚えておきたいコツは、メリハリのある捨て方をするということです。汚部屋を掃除すると色々なものが出てきますから、まずはそういったものを袋に入れていくのです。そして、掃除して出た袋のなかのよくわからないもの・いるものの判断を進めていきます。

 

いるものかいらないものかを判断する時には、漠然と考えるのではなく、本当に必要か考えようとする具体性を帯びた前向きな気持ちが大切です。いつかまた使うかもしれないと思っていたら、ちっともものは減らせません。ですから、使用頻度などをイメージしながら、本当に必要かどうかをよく考えて判断することが大切と言えます。

 

汚い状態の部屋ですと、つい余計なものを置いてしまいがちですが、綺麗な状態にすれば、余計なものは置きづらくなるものです。ですから、そういったことを考えながら作業にあたると、いるものかいらないものかを判断する時に、綺麗な部屋に戻すべきじゃないと気付けるわけです。余計なものはとことん捨てて、効率良く作業を進めましょう。