役立ち情報ブログ

大切な遺品整理〜整理の流れ(自分編)〜

遺品整理は自分に縁がある亡くなった方の住んでいた家屋で行われることが多いですが、亡くなってその遺品を整理することは意外と重労働であったりします。業者に依頼してお任せするという方法もありますが、自分の手で一つ一つ行いたいとする方もおり、何日もかけて慎重に行う方もおります。今回はその遺品整理の際のポイントについて書かせていただきます!

 

■必要な3つのポイント

大切な遺品を整理しないと、その家屋をまた使用したいという希望に添うことができないため、確実にを実行する必要があります。その際、重要な視点には「残す」「処分」「保留」の三種類に分ける必要があることです。

 

まず「残す」というのは必ず残しておきたい物、例えば思い出の品物を所有しておくことです。
次に「処分」とは捨てることです。これは、故人のみが使っていたものやもう使えないもの、などにあたる対処でしょう。
そして一番大事な視点は「保留」で、これは処分するか残すかの判断が付きがたい物を保管しておくこととなります。「保留」を設けることで、速やかな仕分けが可能となります。

 

■まとめ
もちろん三つの種類に分類すれば、その分類したもののスペースを確保する必要があります。ですが、仕分けさえできていれば、後は保管したり捨てたりを実行していけば良いだけです。また遺品整理を行うことは、故人と向き合うことにも繋がっていきます。ですので、たとえ時間がかかったとしても縁がある人の手で行っていくことは、大切なことであるかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。このように遺品整理に大事なのは3つに分けて、処理をしていくということです。ぜひこれを忘れずに、スムーズな遺品整理を行って下さいね!