役立ち情報ブログ

大切な遺品整理〜自分でやるデメリットとは〜

遺品整理とは、故人の遺品を残しておくものと、処分するものに分けて整理することを指します。遺品整理を自分で行おうとすると、たいていの場合、遺品の数は非常に多いため時間がかかるのが普通です。そのため近年では遺品整理を、遺品整理業者に依頼するケースも増えてきています。

 

しかし、遺品整理を自分で行うということには、気持ちの整理をつけることができたり、費用を抑えることができるというメリットが存在します。また遺品整理業者に、大切なものを処分されてしまったというトラブルも回避することができるでしょう。今回はそのような遺品整理を自分の手で行うことについて書かせていただきます!

 

■そのデメリットとは?
遺品整理を自分で行う場合にはデメリットも存在します。まずは辛い気持ちが蘇るということです。人によっては大事な人を失った悲しみが強すぎて、遺品整理がなかなか進まないというケースも見られます。遺品を見るだけで悲しみがこみあげてしまうなど、深い悲しみを抱いている人にとって、故人様が慣れしたんだものを整理するということは非常につらい作業となるでしょう。

 

■時間と手間
二つ目には時間と手間がかかるということです。遺品の数が多い人の場合には特に、相当な時間と労力が伴うといえるでしょう。また大型遺品の対応も大変なものです。大型の家具や家電は運び出すのにも大きな労力がかかり、場合によってはトラックを借りなければ処分できないというケースも考えられます。

 

いかがでしたでしょうか。自分の手で整理を行うことは大切なことですが、大変なことが多いのも事実です。自分がどのように行っていくのかをよく検討したうえで、良い遺品整理を行ってください!