役立ち情報ブログ

こんなにたくさん?!知らずにたまった不用品〜ゴミ屋敷になるタイプ編〜

近年、テレビなどでの報道でもゴミ屋敷に対する特集を組まれることがあり、ゴミ屋敷は深刻な社会問題の一つになっています。まずゴミ屋敷の定義としては室内のみならず、その敷地内に大量の不用品を放置しており、山の様に溜まった状態のことをさします。

 

■ゴミ屋敷が招くもの
ゴミ屋敷は外観が悪い上、異臭を放つケースもあります。またネズミやゴキブリなどの害虫の住み家になり、周囲に迷惑をかける他、台風などの強風が吹いたときには、ゴミが吹き飛ばされて周辺に散らかることもあります。このように、隣人を始めとする周囲の住人にも迷惑をかけた存在となり、行政も介入するまでトラブルとして発展していくケースも存在します。

 

■どうしてゴミ屋敷が出来てしまう?
ゴミ屋敷になるのは、その住人の性格に起因することが多いです。例えばもったいない精神があったり、従来よりも片付けが苦手とする方、また不用なものまで購入してしまう買い物依存症の方の家がゴミ屋敷となってしまうケースが多いです。

 

■その原因・・・
もったいない精神を持つ方というのは、若い人よりお年寄りの方が多く、貧しい時代を生きたため、その反動で捨てることができないパターンが多いです。
一方、片付けが苦手という方は怠慢な性格というより、片付けるしつけや教育を受けて来なかったことで、そのやり方が解らないというケースもあります。又、そのような方の一部は脳の病気を起因とするケースがあります。

 

ストレスの発散として買い物依存症に走る場合もあり、それは若い女性にも多いです。出かける時の身なりは綺麗にしているのに、生活の拠点である家の中はゴミ屋敷というケースもあり、その関連性を見出すのが難しいところです。

 

いかがでしたでしょうか。このように、ゴミ屋敷を作り出してしまう人や、その過程には様々なものがあります。皆様のご自宅はそうならないためにも、日ごろから整理整頓に気を遣えるといいですね!