役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷の定義とは?

皆さん、ゴミ屋敷に関するニュースを一度はTVや新聞で見かけたことはあるのではないでしょうか?近年問題となっている、このゴミ屋敷問題の解決へと向かうためには、多くの人がゴミ屋敷の現状を理解する必要があります。そして、メディアやこういったブログを、社会現象を考えるきっかけにしていただきたいのです。
では、今回は基本として、ゴミ屋敷の定義に関してお話ししようと思います。

 

皆さん、ゴミ屋敷という言葉を聞いたときに頭の中に浮かべるイメージがそれぞれあると思います。そして、そのイメージが正しいかどうかは考えたことがない人がほとんどだと思います。では、そもそもゴミ屋敷に定義はあるのでしょうか?
答えは、NOです。実は、ゴミ屋敷には明確に統一された定義がないのです。ですので、そのイメージが人によって異なることも想像できるのではないでしょうか?

 

ここで例として、埼玉県の定義を挙げてみます。
「『ゴミ』が敷地内にあふれかえっている建物のことで、住民の苦情や戸別訪問等により認知しているもの。なお、ここでいう『ゴミ』とは所有者の意思によらず、通常人から見て『ごみ』と判断できるもの。」

 

つまり、埼玉県の定義から捉えるならば、当事者は自身の家がゴミ屋敷だと認識していない場合があるのです。現在ゴミ屋敷が問題となっているのは、そういった当事者意識が欠如しているという原因もあるのですね。