役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷が子ども達に及ぼす影響

ゴミ屋敷は自分だけの問題だけに留まらず、周辺地域の人はもちろんのこと、自分や子どもの成長にまで悪影響を及ぼすのだということをご存じでしょうか?本日は「ゴミ屋敷」という環境が子どもたちにどのような影響を与えるかということについてご紹介させて頂きます。

 

・姿勢が悪くなる。
ゴミ屋敷に住んでいると、自然と姿勢が猫背になってしまうということが多いです。この原因は部屋の床には何が落ちているか分からず、危険なものを踏まないかどうか足元を気にしながら歩く習慣があるためだと考えられています。また、このような悪影響は「猫背」という姿勢の問題にとどまらず、内臓に負担がかかることで起こる片頭痛や肥満といった影響をも及ぼします。

 

・集中力が長続きしない
部屋が落ち着いた雰囲気でないと集中力が長続きせずに、すぐ切らしてしまうと考えられます。例えば、子どもが宿題をやろうと始めても、勉強するのに十分なスペースが確保されていなかったり、目に入る位置にマンガやお菓子、ゲームといったものが散らばっているとそちらに注意がいき、本来の目的である宿題が出来なくなってしまったりしてしまいます。

 

いかがだったでしょうか?部屋が散らかっていると他にも病気にかかりやすくなったり、ケガをしやすくなったりといったたくさんの問題が起こります。もし、部屋が散らかっているのなら、なるべく早く対処することが大切ですね。