役立ち情報ブログ

今日から家庭でできる3R!

緑豊かな地球の自然を未来に継続していくために、できることはたくさんあります。縄文時代は、自然と仲良く人は付き合い、豊かな環境を長い間保ってきました。自然の恵みをいただき、循環する社会でした。

 

便利になって、たくさんの物が簡単に手に入る現代だからこそ、ごみが大量に増えるリスクがあります。このまま、ごみが増え続ければ、ごみを燃やすエネルギーが消費され、二酸化炭素の放出によって、自然への影響も大きくなります。だからこそ、意識して持続可能な社会をつくっていく必要があります。
3Rは、リデュース、リユース、リサイクルの頭文字のRを3つ使った活動です。リデュースは、使い終わったものがごみとして捨てられることがないように減らす、リユースは再使用、リサイクルは再資源化して再利用することです。使わないものは買わない、使えるものは再利用、ごみを分別するという家庭でできることを実践したいものです。

 

一つ目のRのリデュースの具体例として、ごみを減らすために、自分の買い物袋を持参する方法でレジ袋をもらわないようにすることがあります。マイバッグを使うことで、どのくらいの食材が適量なのか、バッグにどのくらいの量でいくらくらいになるのかという量感覚や金銭感覚も刺激されます。
また、冷蔵庫や保存食などの在庫をしっかりと把握し、余分な食材を買って余らせたり腐らせたりしないようにすることで、ごみを減らすことを実現することもできます。

 

料理するときに、捨てる皮も、たい肥にするなど何かに使うことで、ごみを減らすことができます。レストランで出される割りばしを使わないで、マイ箸を持参することも、使い捨ての箸がごみにならないことにつながります。
おしゃれな箸を使う若い人も増えています。一度使っただけで捨ててしまってごみにするよりも、繰り返し使ってごみを出さないことで、環境にやさしい活動ができています。がまんをする、辛抱をするというより、いかに楽しくできるかという着眼点に価値があります。

 

サンプルやちょっとしたおまけ商品を断る勇気がなく、ついついもらって、使いきれず結局ごみにしてしまうのでは、エコにつながらないので、必要かどうかを見極める判断力や断り方を工夫するコミュニケーション力も磨いていきたいものです。
また、紙パックの製品より瓶に入ったものを選ぶのも、瓶は消毒すると再利用できるので、エコになります。どんな品物を選ぶかという選択力や、情報をゲットして、いかに安いかというだけでなく、地球にやさしい観点で選びたいものです。

 

たかがごみ、されど、ごみです。ごみを減らすことは、生き方や考え方にも大きな影響があるともいえます。何を選んで、どんな暮らしをしていくかが、暮らしの満足度につながるからです。
ごみをたくさん出す消費の生活をするのか、物を大切にし、自然を大切にし、自分を大切にするかは、自分が選んで行動することです。お金をかけて、めんどくさいこZより簡単に捨てることを選ぶのではなく、少し手間や時間がかかっても、ごみを出さないという行動です。

 

二つ目のRのリユースは、繰り返して使うために、リサイクルショップを利用したり、レンタルを活用したりする方法があります。服や家電も上手に使えば、節約にもなります。
これから、大学生や新入社員など、一人暮らしをする人や一人暮らしを解消して寮に入る人もいます。必要でなくなった布団や自転車は、後輩にあげて使ってもらうことで、ごみも減って、後輩も喜ぶという一石二鳥になります。
布団をごみにしてしまえば、燃やすエネルギーは相当のものとなり、たくさんの二酸化炭素が出ます。地球温暖化に歯止めをかけるためにも、ごみを出さないことが大切です。

 

制服や体操服など、成長盛りの子供たちのものを回収し、使いたい後輩が経済的に利用できるようにしている学校もあります。学校全体で、もう一度物を使う運動をすすめていると、再利用することが当たり前の文化になります。

トレーや過剰包装になっている商品より、量り売りや詰め替えを利用することも、リユースの一つです。使い捨てカイロも捨てないで、下駄箱に入れておけば、脱臭剤になります。鉄分も含まれているので、肥料として使うこともできます。

 

三つめのRのリサイクルの例として、骨が折れて使えなくなった傘をごみとしないで、傘の布を利用してバッグをつくる人もいます。水に強く、軽くて丈夫なので、買い物袋にぴったりです。柄も多様なので、自分好みのバックが簡単にできます。
リサイクルは、缶、瓶、新聞などの資源ごみを資源として再利用するために、分別することが大切です。混ぜればごみ、分ければ資源になります。使用不能のパソコンも、ごみにしないで、回収して、使える部品をリサイクルすることができます。
最近は、スーパーの駐車場にも、新聞、雑誌を集める場所が増えてきました。重さをはかって、重さに応じてポイントをため、商品券に交換できるシステムは、随分、広まってきています。

 

車が停めやすい場所に設置してあり、いつでも自分の都合のよい時間に雑誌等を出すことができるので、利用者が多いです。家の中も片付いて、商品券になるというお得感が人気につながっています。
子供会の活動やPTAの活動、スポーツ少年団の活動として廃品回収をして、活動費にするシステムもあります。みんなで力を合わせて一生懸命、廃品を集めることで連帯感も生まれてきます。

 

また、廃品を加工してバザー商品にしているグループも見かけます。古紙をしばるときに、ビニールひもでしばるとごみになってしまうので、紙ひもを使う運動を推奨している団体もあります。
スーパーには、牛乳パックや魚や肉の入ったトレーを回収しているところもあります。今まで、捨てていたものをきちんと、集めて、また使うことができるので、ごみを減らすことができます。気をつけることは、よく洗うことです。匂いや付着物があると、みんなのモチベーションにもかかわってくるからです。
天ぷらを作った油を炒め物に使ったり、石鹸をつくったりすることも、油をすててごみにしないことになります。資源は限りあるものです。資源を製品にし、消費する過程で経済効果が生まれます。

 

その消費した製品をごみにしないで、循環することを意識してアイデアを出していく必要があります。エコマークやグリーンマークは、リサイクルして作られた商品の目安になります。
家庭で、ごみを減らす努力をすることで、子どもたちは、もう一度物を使うために、物を大切にする工夫をするようになります。自分の考えた工夫を実践することで、地球にやさしい活動をしているという思いやりの心が育まれ、自信にもつながります。本当に好きな物に囲まれて暮らすシンプルな生活が満足感や幸せにつながってきます。

 

環境問題に関心をもち、行動することで、自分の生活を自分でつくっていこうとする意欲や、行動にに対する責任感も生まれてきます。友達がもっているからほしくなったり、人気商品がほしくなったりして、使わないものを買ってしまうのではなく、本当に必要かどうかをじっくり検討して購入する体験が大切です。
学校教育や地域社会の中で、環境について考える機会をもつことや啓もう活動をしていくことも大切です。しかし、人々の暮らしが営まれている毎日の家庭の中にこそ、ごみを減らす工夫がたくさんできるのです。一日の暮らしをたどると、具体的な方法が見えてきます。
朝、味噌汁を作るときのいりこや昆布の出し殻を、いりこは天ぷら油でかりっと揚げておいしくもう一品にするとか、昆布は小さく刻んで醤油で煮て常備菜にすることができます。

 

お茶の出し殻も、肥料にすることができます。昼のお弁当は、使い捨ての容器ではなく、お茶もマイボトルにすれば、ごみは出ません。夜は、読み終わった雑誌を捨てないで、再生紙として利用できるように、まとめておくことで、ごみにはなりません。
物が停滞したりごみになったりしないで活用され、命を吹き込まれるかのように、よみがえったり、違うものに生まれ変わったりして、循環するシステムを作ることが大切です。

 

今は、インターネットで、ごみを減らす知恵がすぐに検索できます。一人一人の知恵がネットワークとなり、大きな輪になれば、小さなごみを減らす取組も大きな活動になるので、楽しく家庭から3Rを実践したいものです。
情報を鵜呑みにするのではなく、賢く選んで、自分で実践してみてうまくごみの減量化につながる方法を続け、たとえ、うまくいかなくても改良を楽しむことができれば、家庭生活も、ますます楽しくなります。赤ちゃんから幼少期、学生時代、社会人からリタイア後の人の一生の人生でごみを減らすことを考えると、様々な場面で工夫が見つかります。ごみを作らないと決めると、例え、新しく買ったものでも、ごみにしないで、再利用する方法が見つかります。

 

赤ちゃんの服は、誰かに譲ってもらったり、譲ってあげたりするのがおすすめです。家にある服を作り直したりするのもいいです。ベビーベッドもレンタルにしたり、リサイクルショップで買ったりすることも一考です。不要になっても、フリーペーパーなどで呼びかけて、使ってくれる人を募集すると、ごみにはなりません。
赤ちゃんがちょっと大きくなって乗れなくなった三輪車等も、同様です。部品を交換して、次の世代に渡していきたいものは、たくさんあります。少し、面倒な作業にもなりますが、一生懸命、交換したり、磨いたりする作業の中で、家族の交流や語り合いにもつながってくる姿が浮かんできます。

 

もう少し成長して、学校生活で使っていたノート類をもう使わなくなった場合は、そのまま、ごみにしないで、かわいい表紙をつけてマイノートにしてしまうのも、楽しいです。ほしいものやあ行きたい場所を切り取って、ぺたぺた張って時々眺めると、夢ノートになります。

 

学校生活で使っていたものでリサイクルできるものはたくさんあります。思い出の品として、大切に保管しておくのもいいですが、有効利用できるものは活用して、家の中をすっきりしておけば、掃除機をかける時も、ひとつずつ、物を動かさなくていいので、時間と労力のロスが少なくなります。
もうちょっと大きく成長して、社会人として活躍するようになれば、ごみを減らすことは業務改善につながります。いかに、無駄をへらすか、効率よくするかという考え方が仕事ぶりと、仕事時間にもつながります。

 

事務用品も見える化をはかれば、余分なものを買わなくてすみます。物を探す時間が短縮できるので、効率がよくなります。すっきりした机周りであれば、考えもまとまりやすくなります。
使えないから捨てるではなく、自分は使わないけれど、誰か必要な人がいるという視点でオークションやフリーマーケットを活用することもできます。家庭でのごみを減らすことが大きな基盤となるのです。業務改善はワークアンドライフバランスを上手にとることになります。

 

見える化は、3Rの大切な視点です。分別も、どこに何を分別するかが明確であれば、簡単に取り組むことができますが、その都度、上から下にひっくりかえしたり、探したりしているようでは、分別はすすみません。瓶、缶、古紙をどこに集めるかを家の場所に、見えるようにしておくことが、資源化につながります。
そして、瓶はいつ集めるかという収集の日時も見える化しておくことで、収集時期を逃さず、ごみで、たくさん場所をとることを防ぐことができます。

 

もう少し人生のステージをあげれば、使わないものは買わない、使えるものは再利用、ごみを分別という暮らしは、貯金やナチュラルな暮らしになり、地域の中でも豊かなコミュニティを築くことになっていくことになります。結婚の時に新調したテーブルやいす、ソファも、手を入れたり、丁寧に使ったり、カバーをかけ替えたりして、愛着のある家具として存在しているので、ごみにはならないのです。

 

そんな家庭での工夫をご近所で互いに交流しあうコミュニティは、理想の社会ともいえます。生活を楽しみ、物を田哀切にし、人との付き合いやぬくもりを大切にしていくことは、豊かな人生ともいえます。ごみを減らすことがコミュニケーションにつながり、地球の大切な環境を保全することにもつながるのです。