役立ち情報ブログ

トイレの嫌な匂いをなくすために掃除するべきポイント|便器周りの壁と床

掃除してもトイレがなんだか臭うなあってことありませんか?

実はそれ、飛び散ってしまった尿が時間が経ってアンモニア臭を発生させているのが原因なんです。

そんなトイレの嫌な匂いとおさらばするために、掃除するべき場所とその掃除方法についてご紹介します 。

 

■便意周りの壁と床

まず今回 は、男性が使用していると、どうしても飛び散ってしまう便器周りの床と壁についてお話ししたいと思います。

床は注意して拭き掃除していても、壁の拭き掃除は見落としがちな箇所なので掃除が疎かになりがちです。

それに、実は壁や床の拭き掃除をしていても、 拭き掃除だけでは匂いを完全に取り除くことはできません。

 

なぜなら、尿により繁殖してしまっている菌を殺菌しないと、時間が経ってしばらくすればすぐにアンモニア臭を伴った匂いが発生してしまうからです。

 

・ 掃除方法

主な掃除方法としては、まず汚れが目に見えなくても必ず拭き掃除をするようにしましょう。

そして、スプレー式の除菌効果のあるトイレ用の洗剤で壁に塗布して、壁を拭いていきます。

 

そしてすすいだ雑巾で洗剤を拭き取るように拭いて、最後に別の乾いた雑巾で乾拭きして水気を取り除くと良いでしょう。

乾拭きをすることで菌の繁殖を防ぎ、完全に除菌することができます。

掃除後は、窓や換気扇を回しておきましょう。

 

いかがでしたか?

男性の利用者がいるトイレは、床と壁の掃除を徹底することでニオイの原因をかなり抑えることができます。

次回は、匂いの原因のである便器と床の接合部分の掃除方法についてお話ししたいと思います。