役立ち情報ブログ

トイレの嫌な匂いをなくすために掃除するべきポイント|便器と床の接合部分

前回はトイレの嫌な匂いの原因の一つの、便器周りの床や壁の掃除方法についてお話ししました。

しかし、便器周りの床や壁より皆さんが見落としがちなポイントがあるのです。

それは、便器と床の接合部分です。ということで、今回は便器と床の接合部分の掃除方法についてお話します。

 

■便器と床の接続部分

便器と床の境目の部分、接合部分には必ず小さな隙間があり、そこに飛び散った尿や、便器から水や尿とともに垂れ流れてしまった汚れが溜まってしまっています。

それらが菌の繁殖を促し、匂いの原因になるのです。そしてそういった隙間に入り込んでしまった汚れは、雑巾での拭き掃除で簡単に取り除くことはできません。

 

・掃除方法
まず、今回は不要になった歯ブラシを用意してください。

そして、トイレ用洗剤を接合部分につけ、便器と床の隙間に歯ブラシの毛が入り込むようにゴシゴシして、汚れを落とします。

 

また、汚れがかなり溜まっている場合は、汚れを掻き出して雑巾で拭き取りを繰り返してください。

綺麗になったら最後は濡れた雑巾でしっかり書き出された汚れを拭き取り、最後に乾拭きしておきましょう。

 

いかがでしたか?

少し掃除をためらってしまいがちな箇所ですが、膝をついて汚れを綺麗に落としてあげることで、トイレの匂いもかなり改善されます。

次回は、掃除したことない人もいるかもしれないウォシュレット便座の裏側の掃除方法をご紹介します。