役立ち情報ブログ

トイレの嫌な匂いをなくすために掃除するべきポイント|ウォシュレット便座の裏側

トイレの嫌な匂いの原因である、便器と床の接合部分の掃除方法について前回ご紹介しましたが、みなさんウォシュレット便座の裏側を掃除したことはありますか?

 

実はこの部分も匂いの原因の一つなのです。

ということで、今回はウォシュレット便座の裏側掃除方法をご紹介します。

 

■ウォシュレット便座の裏側掃除方法

小まめにトイレ掃除をする人でも、ウォシュレット便座の裏側掃除って少し疎かになりがちですよね。

ウォシュレット便座を外してみると、尿が石のように固まってしまった、尿石などがある場合があります。

尿石は匂いの原因になりますので、掃除をして綺麗に取り除きましょう。

 

・掃除方法

前回と同様にこちらでも、不要になった歯ブラシを使用します。

まず、便座を外します。詳しい外し方は取扱説明書を参考にしてください。

まず、汚れている部分をトイレの便器用の洗剤でこすってみてください。

もしそれで汚れが完全に落ちなければその部分は尿石化してしまっています。

 

この場合は、酸性のトイレ用洗剤を用意しましょう。

トイレットペーパーに酸性の洗剤を染み込ませ、汚れに貼り付け15分そのままにします。

酸性が石化してしまった尿の分解を促し、尿石汚れが落ちるようになります。

 

いかがでしたか?

普段あまり取り外すことのない便座ですが、皆さんが思っているよりもかなりの汚れが溜まってしまっています。

しっかり掃除をするように心がけましょう。次回は、リム裏の汚れの除去方法をご紹介します。