役立ち情報ブログ

悪いことだらけ!汚部屋を放置する問題点・時間コスト面|大阪の不要品回収業者ダストレ

前回の記事では、汚部屋を放置した際に、衛生面で起こる問題についてお話しました!
引き続き今回は、時間コスト面で起こる問題についてご紹介したいと思います!

 

汚部屋はそのまま放置してしまうと、住人の時間がどんどん奪われていきます!
それでは具体的に、どのように時間が奪われていくのか、時間コスト面の問題についてお話します。

 

◆探し物に時間がかかる

掃除を放置して、部屋にものが散らかっている状態になると、探し物を見つけるために時間がかかってしまいます。例えば、腕時計や鍵、手袋などが多いのではないでしょうか?
「探し物に時間がかかる」と聞くと、「なんだ、そんなことか」と思ってしまいそうですが、実はかなりの時間が取られていることがあります。

 

例えば、10分の探し物を2日に1回行っていると、1ヶ月で2.5時間を探し物に費やしていることになります。探し物は非生産的な時間の代表ともいえるものなので、できる限り少なくしたいですね。

 

◆買い物に時間がかかる

これも、さきほどの話に関連していますが、汚部屋では探し物をした結果、結局見つからないということもよく起こります。それが傘などの生活必需品の場合は、新しいものを購入する必要があります。この買い物のための時間も、ムダな時間です。

 

◆まとめ

いかがでしたか?
今回は、時間コスト面で起こる問題についてご紹介しました!
次回は、経済コスト面での問題についてお話します!