役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷、どこから手をつけたらいいの?|大阪のゴミ屋敷はダストレにおまかせ

「ゴミ屋敷、いざ掃除をしようと思ってもどこから手をつけたらいいの?」。

このように、大掃除の決断をしてもあまりの汚さにどこから掃除を始めれば良いのかわからず途方に暮れる方はいらっしゃいませんか?

ゴミ屋敷は、一般的なお家に比べてモノが圧倒的に多く、きちんと計画を練ってから取りかからないとなかなか綺麗になりません。そこで今回は、ゴミ屋敷を掃除する際にやるべきことを順番に3つお話しします。

 

1.順序立てしてみる
まず始めに掃除する際の計画を立てます。ゴミ屋敷は途方もなく長い時間ゴミと格闘しなければならない為、初めから広い部屋に取りかかってしまうと、やる気を損なう可能性があります。

 

初めは比較的綺麗にしやすい、小さめの部屋から取りかかるようにしましょう。手のかかる浴室やキッチン、スペースのあるリビングなどは、掃除に慣れてきた頃合いをみて取りかかることをおすすめします。

 

また、掃除を開始する前にメモ紙に(どこから取りかかるのか、どういったアプローチで掃除をするのか)といった要項を書き出し、定期的に確認しながら掃除をすると、頭の中もスッキリ整理された状態で作業にあたる事ができます。

 

2.ゴミの撤去
ゴミ屋敷は家のほとんどをゴミが埋め尽くしています。そこで、ゴミを全て取り除く必要があります。できるだけ大量に家庭用のゴミ袋を買ってきて、とにかくゴミを詰めて詰めて詰めまくりましょう。

 

またこの段階で、可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミに分別を済ませておくと後の作業が楽になります。この段階では、一目で「ゴミ」と判断できるものだけをゴミ袋に詰めることを意識して作業にあたることがポイントです。

 

3.モノの仕分け
ゴミの撤去が終わったら、後に残ったものの仕分けに取りかかります。ここでは全てのものを「必要なもの」、「不用なもの」、「保留」の3種類に分けます。1つ1つに何分も時間をかけていても掃除はいつになっても終わりません。取捨選択は思い切り、3秒で判断しましょう。

 

ここで選別された不用品は、ゴミの撤去と同様に処理方法を守って捨ててしまいましょう。次に、本当に必要なものを片付ける作業に取りかかります。最後に収納の空きスペースに応じて、保留したものを残すか処分するか考えると、綺麗にモノを仕分けることができます。

 

今回は、ゴミ屋敷の掃除で取りかかる順番と、掃除のポイントについてお話ししました。

ここでのポイントは、なるべく「捨てるのは勿体ない」という感覚でモノを残さないことです。代替できるものがあるのであれば、処分してしまって大丈夫です。

これじゃなければ絶対にダメだ、というもののみ残す気持ちで掃除にあたると、モノはかなり減らすことができるはずです。ゴミ屋敷をどうにか綺麗にしたい、と思っておられる方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。