役立ち情報ブログ

大阪の業者が解説、ゴミ屋敷の効果的な片付け方

家の中を片付ける事が出来ず、ゴミ屋敷になってしまい悩んでいる人も少なくありません。

そこで今回は大阪のプロの専門業者がゴミ屋敷の効果的な片付け方のアドバイスをお教えします。

 

片付けは闇雲にやっていては中々進みません。

きちんと順序だてていけば効果的に部屋をきれいにする事が可能です。

 

まずは捨てるものと残すものを決めるという事です。

部屋をずっと掃除していると、次第に集中力もなくなり正常な判断が出来なくなってきます。

 

そうすると作業効率も落ちますし中々物を捨てる事も出来なくなります。

そこでまだ集中力がある最初のうちに、大切な物の順番をつけておくと良いです。

 

例えば銀行のカードや預金通帳、印鑑といったものは最も重要なものです。

次にテレビや冷蔵庫、電子レンジや洗濯機といった家電も生活必需品なので残しておきます。

 

こうして部屋の中であらかじめ大事な物をチェックしてノートに記入しておけば、作業中も悩む事が少なくなります。

とにかく大事なもの、捨てるもの、残すか捨てるか迷っているものの三つに分ける事が重要です。

 

次に大きめなゴミ袋を複数用意しておくという事です。

 

いざ作業を始めると当然ですが沢山のゴミが出ます。

しかも燃えるゴミから燃えないゴミ、ペットボトルにビンや缶、さらには本や雑誌、粗大ゴミと様々な種類があるので事前に全てを分けられる程度の数のゴミ袋を用意しておけばストレスなく作業を進める事が可能です。

 

こうしてノートをつけてゴミ袋も用意が出来たら、どの部屋から作業を始めるかを決めます。

いきなり大きな部屋から始めると作業が長引き、他の部屋まで手が回らなくなってしまうので、コツとしては家の入り口である玄関から始めると良いです。

 

玄関は部屋と比べても小さいので作業時間も少なくて済みます。

玄関が終わったら次はトイレ、洗面所、廊下そしてキッチンと少しずつ作業する大きさを広げていき、最後に部屋の作業をすれば集中力も途切れずに出来ます。

 

作業のコツはなるべく大きいものから処理していく事です。

家電や家具、布団といったものは捨てるかどうか判断が付きやすいので先に処理します。

 

間違っても写真や手紙、書類といったものから始めてはいけません。

こういう類のものは一つ一つの確認に時間がかかりますし、思い出もありつい手を止めてしまいがちになるので後回しにしましょう。

 

大きい物を処理したら次は本や雑誌、衣服と少しずつ小さい物を処理していくと効率的に作業を進める事が出来ます。

このようにゴミ屋敷でも順序を決めて作業していけば効率よく片付ける事が出来ますので是非参考にしてみて下さい。