役立ち情報ブログ

子どもの汚部屋を何とかしたい、大阪の業者がコツを紹介

子どもの部屋が汚部屋になってしまうと、困っている親御さんも多いのではないでしょうか。玩具や学校で使うアイテムなどはすぐに増えてしまいますし、片付けなさいと注意してもなかなか実行してくれないことも多いものです。

 

特に年齢が上がって行くと、親に対して反抗的になることも少なくありません。そんな汚部屋を何とかするコツを大阪の業者が紹介します。

 

まず、物がすぐに散らかってしまうのは、収納場所の位置が良くないからかもしれません。机の上とか棚の上などついついここに置いてしまうという場所があると思います。そこに物が積み重なっていって、どんどん散らかるという流れになっています。

 

そこに物を置いてしまうという場所は、言い換えれば置きやすい場所なのです。その位置や高さに使いやすい収納スペースがあれば、自然にそこにしまうようになります。子どもが使いやすい場所をきちんと見極めて、収納スペースを設けるようにしましょう。

 

また、成長していくにつれて身長も伸びますし、ライフスタイルも変化するので臨機応変に変えていくことも重要です。

 

それから収納するまでの動作を少なくすることもポイントになります。例えば、フタ付きの収納ケースはホコリがかぶらなくて良いというメリットがある一方で、フタを開ける動作が1つ増えてしまいます。すると収納せずにその辺の床に置いてしまうといった行動が増えることになります。

 

本棚なども扉があるとホコリを防げますが、扉を開ける動作が増えるので子どもには向いていないかもしれません。収納アイテムを選ぶ上では、簡単にしまえるということが大切です。

 

そして、汚部屋にならないために一番重要なことは、不要なものを捨てることです。とはいえ親が勝手に捨ててしまうのは、信頼を裏切ることになるのでおすすめできません。きちんと本人に選ばせるようにしましょう。

 

本人が納得して手離すということが、物を大事にする気持ちや計画性などを育みます。逆に幼少期に親に大切な物を勝手に捨てられたという経験を持っている人は、大人になってから物に執着するようになるとも言われています。それがゴミ屋敷につながることもあるので気をつけましょう。

 

子どもの物で捨てにくい物といえば、子どもが幼稚園や保育園、学校で描いた絵や工作など思い出となる物ではないでしょうか。思い入れがあるだけに、捨てる際に躊躇う人も多いと思います。

しかし、毎年増えていくものなので、全てを取っておくわけにもいきません。おすすめなのは、持って帰ってきた日に写真を撮ってアルバムにしておくことです。