役立ち情報ブログ

大阪の汚部屋掃除、断捨離で押さえておきたいこと

断捨離は哲学的な意味合いがあり、不要な物を処分し生活環境を良くするなどを目的としています。言葉を分けると断には要らない物を断つという意味があり、捨には要らないものを捨てるという意味があります。

 

離には物への執着心から離れるという意味です。ヨガの3行である断行や捨行・離行などからも由来していて、最近では広く浸透しています。

 

断捨離に取りかかる場合、効率的に行うにはタイミングや時期などが重要です。考えなしに断捨離をすると時間や手間がかかることもあるのである程度計画を立てておくことをおすすめします。タイミング的に良いのは入学や転勤、引っ越しや遺品整理などに合わせて断捨離することです。

 

会社の転勤時期や入学時期なら事前に分かるのでこれらのタイミングに合わせて行うと良いでしょう。時期としては衣替えする時や季節的に動きやすい春や秋などがおすすめです。例えば衣類は対象になることが多く、これらの時期に行うとスムーズに整理することができます。

 

効率的に行うには瞬時の判断力が大切です。1年以上着なかったような服は翌年に着る可能性は低く、要らない物の判断はスピーディに進めていくことが重要です。子供が使っていたベビー用品などは使うことがなく、思い出に浸らずに事務的にてきぱきと判断していくとスムーズに進みます。

 

1日で一気に片付けたり休日毎に断捨離を行う方法もあり、習慣づけすることによって無駄なものを少なくすることが可能です。断捨離はごみ捨てのような感覚で日々片付けていくと整理整頓された状態を維持することができます。

 

片付けてされていない汚部屋というのはわりと多く存在していて、大阪はもちろんいろいろなエリアにあります。汚部屋が一つあると他の部屋に影響を及ぼすことがあり、掃除しようとする気持ちを阻害するようになって来るでしょう。

 

汚部屋になる前にきれいに掃除することが大切で、例えば収納している場所はごちゃごちゃしていて片付いていないところが多くあります。タンスや収納ボックスなどを隅々まで見渡してみて、何年も着ていないような衣類だったり昔に流行した洋服などは断捨離の候補です。物置も片付かない場所のひとつですが、断捨離するのに良い場所です。

 

小さい自転車や古本などがあったり、開かずの間のように成っていることも多いでしょう。整理してみると中には貴重なものや買取できるものもあるので整理する価値はあります。

 

キッチンも断捨離できるものがあり、賞味期限が切れている食材や未開封の調味料やスパイスなどがあり、これらを整理するとかなりスペースを空けることが可能です。