役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷掃除の際の家族への声掛け法、大阪の業者が伝授

最近では遺品整理やハウスクリーニングなど家の中の掃除を専門に行う業者が全国にたくさんあります。引っ越しの時や遺品の整理などお客さんから依頼を受けて清掃をする業者ですが、時にはゴミ屋敷の清掃に行くこともあります。

 

玄関を開けるとすぐに積まれたごみが迎え入れ、どこが部屋なのか廊下なのか見分けも付かないくらいにゴミが積まれてあるケースも少なくありません。

 

家をゴミ屋敷にしてしまうのは高齢の人ばかりではなく若い人にもあり、そのようになった原因もあるのです。家族で暮らしていたころはきれいだったのに一人ぼっちになってしまったら何もする気がなくなってしまったり、片付けられない自分を責めてさらにごみをため込んでしまった、また人間関係のストレスなどから無職になって引きこもってしまったことから片づけられなくなったりと、心因的な要因がある場合が多いのです。

 

ゴミの分別のルールが厳しくなってどうすればよいのかわからずため込むということやゴミに囲まれる生活のほうが安心するからとわざわざごみを集めてくるということやごみをたくさん積んで近所の人の関心を集めたいということもあれば、周囲に何の援助も求めたくないということもあります。

 

ゴミ屋敷の近所の住民は見た目や衛生上から黙って見過ごすことができなくなりますが、「片づけてください」ではなく「お元気ですか」「どうされてますか」などと声掛けをするようにし、できれば話をするようにすると寂しさがまぎれ、人と会うことで自分の身だしなみに気をつけていき、やがて家の中も片づけようという気になることもあります。

 

もし離れて住む家族がゴミ屋敷の家に住んでいたらどのように声掛けをすればよいのでしょうか。まずは一緒に片づけをすることです。今まで長期にわたってため込んだごみを家族に「片づけるよう」に言われたからといって一人で片づけることは無理なので、「一緒に片付けよう」と声掛けして根気よく一緒に片づけてあげることです。

 

たくさんのごみ袋と手袋、エプロンなどを用意して一緒になって分別しながら袋に詰め込みます。その際ごみの持ち主にとって「どうしても必要なもの」だけを入れる段ボールを用意して、捨ててはいけないものはそこに入れてもらうようにすると後で、「必要だったのに捨てられてしまった」とか「結局どれも片づけさせてもらえなかった」というトラブルを回避することができます。

しかし家じゅうに溜まってしまったごみを少人数で片づけるのは一日では無理で、処分をしに行くことも簡単ではありません。そんな時、関西の方なら大阪の専門業者に依頼をするとよいでしょう。