役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷は汚いだけじゃない 病気のリスクを大阪の専門業者が解説

ゴミ屋敷は見るだけでも大変不快で、汚らしいものに間違いありませんが、ゴミ屋敷による影響はなにも外見的なものだけではありません。

ゴミ屋敷を放置してしまえば、思わぬ健康被害を被ってしまうことも珍しくありません。

 

ここでは、ゴミ屋敷に住むことによって発症してしまうかもしれない病気について解説していきます。

 

まず考慮すべきはハウスダストによる鼻炎などのアレルギー症状です。

掃除していない部屋にはもちろんホコリがどんどんたまっていきます。

しかし、ただのホコリと侮ってはいけません。

ハウスダストはアレルギー性鼻炎の原因となるだけでなく、ダニのえさとなるため、ダニを原因としたアレルギー症状の根源となってしまうのです。

 

ホコリとダニ、2つのアレルゲンに囲まれた環境は慢性的な鼻炎の原因に直結します。

また、こうしたアレルギーが進行すると、じんましんや呼吸困難を引き起こしてしまうこともあります。

 

ゴミ屋敷はより重度な病気の原因となることがあります。

主にはカビや害虫によって媒介される感染症です。飲みかけの飲み物や食べカス、腐敗した食べ物はゴキブリやハエ、ネズミといった害虫、害獣の好物です。

 

また、換気もされず、高温多湿な部屋はカビが媒介するには絶好の環境となってしまいます。

ハエやゴキブリは赤痢菌やO-157を、またダニは血小板減少症候群や脳炎など、いずれも時には命に関わる大変危険な病気の原因となってしまいます。

 

こうした症状はゴミ屋敷に住んでいる当人だけの問題ではありません。

悪臭や害虫の繁殖といった形で近隣住民の健康的な生活を脅かすものとなります。

 

さらに、ゴミ屋敷に住むことによって、精神面にも影響が出ることもしばしばあります。

ゴミ屋敷はそもそも、精神的なストレスによって生み出されることが多いのですが、ゴミに囲まれているとゴミへの執着がさらに増幅して、ゴミをより捨てられないといった状況に陥ってしまいます。

ゴミ屋敷はまさに、「百害あって一利なし」なのです。
 

もちろんですが、ゴミ屋敷は住民本人、またご近所さんの健康を著しく損なう原因となってしまう重大な問題です。

かといってゴミ屋敷の住民は精神的にトラブルを抱えている場合が多いので、近隣住民同士による個人的な解決を図ろうとすると、思わぬトラブルに発展してしまうかもしれません。

 

住民、そしてご近所さん、双方の身体的・精神的健康のためにもまずは、行政、警察を通じたトラブル解決を図るのが最良の方法でしょう。