役立ち情報ブログ

最近話題の汚部屋って何?大阪の業者が解説

最近テレビでも取り上げられるようになった「汚部屋」。
一度は聞いたことあるという方も多のではないでしょうか?
聞いたことはあるけど、まだイマイチ理解できていないという方も多いです。
今回は、最近話題の「汚部屋」について、なぜ話題なのかといったことも含めて解説します。

 

□最近話題の汚部屋について

 

「汚部屋」とは一体どういう部屋のことを言うのでしょうか。

 

*汚部屋ってどんな部屋?

「汚部屋」とは、部屋の中で足場もないほどモノが散乱しており、日用品や滅多に使わないものがでたらめに散乱している部屋のことを指します。
また収納スペースもうまく活用されておらず、ただモノを押し込んだようになっていたり、流しにはまだ洗っていない皿が積み重なり、カップラーメンなどの生活ゴミも散乱していたりするような衛生的にも良くない状況の「汚部屋」も多いです。

 

*なぜ話題に?

「汚部屋」よりもさらにモノが散乱し、人が住めなくなりそうな住宅のことを「ゴミ屋敷」と言います。
この「ゴミ屋敷」が近年、治安が悪化するなどして社会問題となり、注目を集めました。
また、有名人のお宅に訪問などのきかくて「汚部屋」が取り上げるなど、バラエティ番組などで多く取り上げられたことをきっかけに話題になりました。

 

*こういう人に多い汚部屋・・・

 

・ご年配の方など力仕事が苦手な方

ご年配や女性など力仕事にが苦手な方に、「汚部屋」になってしまう方が多くなっています。
これは、重たいゴミがある場合などに、ゴミ出しがむずかしことで起こります。

 

・ハードワークであまり家にいない方

日中一生懸命に働き、あまり家にいることがない。もしくは、ほとんど寝るだけに家に帰っているという方の場合、部屋の整理ができないまま「汚部屋」となってしまうケースが多くなっています。
家に帰れば疲労で寝てしまって家事ができないという方も多いのではないでしょうか?
そういった方は汚部屋になってしまわないよう注意が必要です。

 

・心理的、身体的な障害を負っている方

精神的な病や身体的な理由から掃除・整理整頓が難しい方の場合、「汚部屋」になってしまうことが多くなっています。

 

□汚部屋になってはいませんか?

 

「面倒くさがりで整理整頓が苦手な性格」「分類作業自体がうまくこなせない」「病気があって整理ができない」など、汚部屋になってしまう理由は様々です。
ですので、汚部屋とはどういう部屋のことを言うのか。なぜ話題なのか。ということを理解して、もし汚部屋になっていれば早めの対策を講じましょう。
汚部屋は一度なってしまうとズルズルと引きずってしまいがちです。
脱出するための方法を調べたり、思い切って業者に依頼するなどを試みてみましょう。
今回は、最近話題の汚部屋についてご紹介しました。