役立ち情報ブログ

大阪の業者が解説、汚部屋の原因としてよくあるものって?

テレビのニュースやワイドショーで何かと話題になることも多い「汚部屋」。
なぜあんなことになってしまうのだろう…と不思議に思う方もいらっしゃるでしょうが、ゴミ屋敷になるまで放置してしまうのにはちゃんと原因が存在するのです。
そこで今回は、「汚部屋」の原因としてよくあることをご紹介します。

 

□ 住民の精神状態が主な原因

 

家がゴミ屋敷と呼ばれるほどまでにひどくなる原因としては住民の精神状態が主な原因としてあげられます。
しかし、ゴミ屋敷になってしまう人の精神状態が皆同じという訳ではありません。

 

* 「セルフネグレクト」状態に陥っている
セルフネグレクトとは文字通り、自分自身に関して無関心な状態を指します。
通常の精神状態であれば、人間は自らがより良い環境で暮らすためにお部屋を清潔に保ちます。
ですが、大切な人との死別や職場でのストレス、学校でのイジメなどが原因で強いストレスが加わった時、「自分自身のことなんてもうどうでもいい」といった精神状態に陥り、自分の暮らす空間への関心が無くなってしまいます。
このような精神状態となった時、人はゴミを片付けず、掃除をしなくなりお部屋がどんどん汚くなる一方となってしまうのです。
  

 

* 「もったいない」がひどくなると…
セルフネグレクトの状態でなくとも、住まいがゴミ屋敷となってしまう場合はあります。
共通する特徴としては「もったいない」と思いすぎるという点があげられます。
他人から見れば明らかにゴミであるものも、本人は「いつか使うかもしれないから…」と中々捨てられず、結局家に不要なものがあふれかえってしまうというパターンは多く見られます。

 

* 多忙すぎて片付けられない
仕事や家事、育児が忙しすぎて掃除をする時間も気力もなくなってしまい、家がゴミだらけになってしまうというケースもあります。
このように、外的要因が原因で家がゴミ屋敷になってしまった人も、
ゴミ屋敷に住んでいることによって内的ストレスを抱えてしまい、家の状況がより悪化してしまう可能性もあります。

 

他人には中々その原因が理解されにくい「汚部屋」の問題。
しかし、当の本人は強いストレスや悩み、不安定な精神状態を抱えていることが多くあります。
ですので決して「なぜ片付けられないんだ!」と怒ってはいけません。むしろ事態を悪化させてしまいます。
根本的な解決を図るためには、本人の精神的なケアを行い、汚部屋の片付けは専門の業者にお願いするようにしましょう。