役立ち情報ブログ

大阪の業者が解説、汚部屋を片付けるときのコツ

近年全国各地で問題となっているゴミ屋敷問題。
親族や近隣住民の家がゴミ屋敷になってしまったという方も珍しくはありません。
しかし、ゴミ屋敷問題は認識していてもいざ片付けようとなるとどこから手をつけていいかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、手の付け所が分からなくなってしまった「汚部屋」を片付けるコツをご紹介します。

 

□ まずは「必要なもの」を分類。

 

まず始めに、家中にあるものを「今すぐに必要なもの」、「いずれ必要になるもの」、「必要でないもの」の3種類に分類しましょう。
そして、必要でないものは迷わず処分しましょう。
ここで重要なのは周囲の人が分別をサポートすることです。
住んでいる本人は「どれも必要で捨てられない」と言い出すケースが多くあります。
しかし、それではいつまで経っても部屋が片付きません。
周囲の人が、できるだけ多くのものを捨てる決断をさせるよう本人を上手く誘導しましょう。

 

□ 服装に注意しよう。

 

ゴミ屋敷は室内とはいえ危険がたくさん潜んでいます。
床が朽ちていて足場が不安定だったり、ゴミの山が崩れてきたり、害虫・害獣が発生したりと危険は尽きません。
ですので、必ず長袖・長ズボンを着用の上、軍手や安全靴を用意して全身をしっかりと覆うようにしましょう。
また、害虫対策として、部屋を片付ける前に防虫剤を散布するのも非常に効果的です。

 

□ 専門業者にお願いするのが無難

 

もし、お部屋の中にあるゴミの山が自分の背丈を超えるほどの高さである場合、自力での作業は大変危険です。
先ほど紹介した、床が朽ちていてケガをする、ゴミの山が崩れてくるリスクが非常に高いためケガをする恐れがあります。
また、多くの方はゴミ屋敷の処理をした経験がないため、大量のゴミの処分法や効率的なお掃除のノウハウを持っていません。
ですので、お部屋の状態があまりにも酷い場合には専門業者へ掃除を依頼しましょう。
お金がかかってしまいもったいないと思われるかもしれませんが、自身がケガをして病院に運ばれた際の治療費、自身で装備や道具をそろえる際のコスト、また、自らの身の安全を考えれば大変お得な選択です。

 

ゴミ屋敷の掃除を普通の掃除と一緒くたにしてはいけません。
汚部屋の中には一般の方が思いもよらない多くのリスクが潜んでおり大変危険です。
汚部屋の状態があまりにもひどく、とても手に負えないと思った際はすぐ、専門の業者へ清掃を依頼しましょう。