役立ち情報ブログ

大阪の業者が解説、汚部屋にしてしまうときの心理状態

「なんであんな風になるまでゴミを放置してしまうのだろう」、「あんなに汚い部屋に住んでいてなんとも思わないのだろうか」。
ゴミ屋敷を見かけたり、テレビの特集を見たりするとき、多くの方はこのような考えに至るのではないでしょうか。
家をゴミ屋敷にする人の心理状態なんて分かりっこないとどこか他人事に考えているそこのあなた、誰にでも自身の家をゴミ屋敷にしてしまうリスクは潜んでいるのです。
そこで今回は、自宅を「汚部屋」にしてしまう人の心理状態についてご解説します。

 

□ 強いストレスが汚部屋の原因に

 

ゴミ屋敷の住人は様々な原因で強いストレスを抱えている傾向があります。
強いストレスが原因で部屋を綺麗にする気力が湧かない、離婚や死別などによるショックで自身の生活環境改善に関心を持たなくなる、などの理由でゴミ捨てをついつい後回しにしてしまい、気付くと部屋が取り返しのつかないくらい汚くなってしまっていたケースが少なくありません。

 

□ ゴミが「孤独」を紛らわすアイテムに

 

独居する高齢者の増加、また、以前と比べて近所づきあいが希薄になっている現在、多くの人が孤独を抱えながらの生活を余儀なくされている現状があります。
強い孤独感にさいなまれている方の中には、ゴミに囲まれることでこの孤独を晴らそうと考える方がいます。
部屋のポッカリ空いたスペースを埋めたい、心の隙間をどうにかして紛らわしたいという考えがゴミ屋敷を生んでしまうのです。

 

□ 自分への無関心にご用心

 

自分はこんな状況に陥る訳がない、自分はしっかり者だからゴミの管理ぐらいしっかりできると思っている方が大半だと思います。
しかし、人は誰しも自分の部屋がゴミ屋敷になってしまうリスクを抱えています。
仕事で強いストレスがかかって自暴自棄になっている、突然大切な人と死別し、セルフネグレクトの状態に陥ってしまうなど人は常に、自分について無関心になってしまうリスクを抱えています。
自分自身について無関心になると、自分の住環境などどうでもよくなるため家はあっという間にゴミ屋敷になってしまいます。
自分も家を汚部屋にしてしまうかもしれないという危機感を持つことが重要です。

 

ゴミ屋敷の住人の心理状態は中々理解することができないでしょう。
しかし、彼らは多くのストレスや悩み、孤独感と戦っているのです。
家をゴミ屋敷にしてしまった、という方に対しては、自己管理の甘さや不衛生さを責め立てるのではなく、彼らの心の傷に寄り添ってあげるようにしましょう。