役立ち情報ブログ

大阪の業者が解説、ゴミ屋敷はなぜ運気を下げるのか?

見た目も住み心地も最悪なゴミ屋敷。
その風貌からもとても幸せになれそうな部屋ではないことは明らかですが、実はゴミ屋敷は風水の観点から見ると運気を下げる要素がたっぷりの最悪な状態であるそうです。
そこで今回は、ゴミ屋敷がなぜ運気を下げてしまうのか、その原因についてご解説します。
幸せな暮らしの第一歩として参考になさってください。

 

□ 風水は「気」の流れを重視する

 

風水では気の流れを大変重視し、どうすれば良い流れになるのかを操作するのが風水の真の役割です。
ゴミ屋敷が風水の観点から見ると最悪であると言うことは、ゴミ屋敷の中に「気」の流れを阻害する要素が多く存在すると言うことです。
では、具体的にゴミ屋敷のどの要素が「気」の流れを悪くしているのでしょうか。

 

□ 部屋に散乱するゴミは気を吸収する

 

風水では、気というのは玄関から入り、部屋の中を通って窓や換気を通じて出て行くと考えられています。
ゴミを初めとする部屋の中のモノは通過する気を吸収してしまうとされているので、モノが必要以上に溢れているゴミ屋敷は、風水的に最悪の環境なのです。
このような考えに基づいているため、風水的には部屋は清潔であることが大前提です。
汚いお部屋の中では運気はおのずと下がってしまいます。
また、大量に散乱するゴミは「気」の流れを阻害するため運気を逃してしまう原因となってしまいます。

 

□ 具体的にどんな「悪いこと」があるの?

 

では、お部屋が汚いと運勢的にどのような弊害が生まれるのでしょうか。
最も重要なのは水回りです。キッチンやトイレが汚いと運気は軒並み下がってしまいます。
運気を総合的に上昇させるためには水回りをいかに綺麗に保つかが重要です。
また、押し入れが汚いと金銭運が下がると言われ、布団を出しっ放しにし、いわゆる「万年床」の状態にしていると仕事運が低下すると言われています。

 

さらに、気の入り口である玄関も非常に重要なポイントです。
玄関が汚ければ悪い気がどんどんと入ってきてしまい、部屋全体が悪い気で覆われてしまいます。

ご覧の通り、ゴミ屋敷は風水的に見ると「最悪」な要素がふんだんに盛り込まれている環境なのです。
また、部屋が汚いという要素は低所得者に共通するとも言われており、たかだか風水だろとバカにしてはいけません。
あなたの生活が健康などの物理面においても、また、風水などの運気においても幸せに暮らせる部屋であり続けるよう、ゴミ屋敷にならないようこまめな清掃を心がけましょう。