役立ち情報ブログ

大阪の方へ、汚部屋の片づけで最初にすべきこと

「さあ、今日こそ汚部屋を片付けよう!」
意気込んで汚部屋の掃除に取り掛かろうとしている方へ
実際に散らかり放題の部屋を前にすると、何から手をつけるべきか分からないなんてことありませんか?

実は汚部屋を綺麗に掃除するにはコツがあるんです!
それは効率の良い片付けを順序通りに行うということ。
この順序通りに掃除をしないと、片付けるのに時間がかかり過ぎて疲れてしまいます。
そうすれば掃除を断念することにも繋がりかねません。
汚部屋掃除を成功させるには最初にあるコトをするだけで大丈夫!
今日は汚部屋掃除で最初にすべきことをお話しします。

□兎にも角にも捨てまくれ!

汚部屋を片付けるには「モノを捨てる」これに限ります。
注意してほしいのはこの捨てる作業にも順番があるということ!

①明らかなゴミを捨てていく

最初に部屋の中に散乱したゴミ袋やコンビニの袋、いつかの食事の食べ残しなど所謂生活ゴミを捨てていきます。
その次にチラシや仕事の書類、学校で配られたレジュメなどの紙類を徹底的に捨てます。

②使っていないモノを捨てる

そもそも汚部屋を生み出す人はモノを捨てられない性格です。
そのため「日常生活で自分が使うもの以外は捨ててしまう!」くらいの覚悟を持って無心でこの作業に取り掛かりましょう。
「いつか使うかも…。」はダメです!
そのいつかは一生来ないものと思ってどんどん捨てていきます。
時間を計っていくつモノをゴミ袋に捨てるか決めて取り掛かるのもいいかもしれませんね。
とにかく絶対要るもの以外は捨てていきましょう。
持って要るけど使わない衣類や読まない本や漫画などありませんか?
そういうモノとはこの段階でおさらばでしましょう。

③要らないモノを捨てる

さてここまでの作業を進めた皆さん、部屋を見回してください。
あなたの部屋はもう本当に必要なものしか残っていませんか?
そんなわけはありませんよね。
ここでは今までの過程で残してきたモノをもう一度「要る」「要らない」の選別にかけます。

いかがでしたか?
「モノを捨てる」これだけの作業であなたの部屋はかなり綺麗になったのではないでしょうか?
ここまでの作業を終えれば、もう自力で最後まで部屋を片付ける自信も湧いて来たのでは?
これさえ出来てしまえば、一人での片付けも怖くないですよね。
それでもどうしても一人じゃゴミを片付けられなかった場合には業者を頼るのもアリです!
今度こそあなたの部屋を丸ごと綺麗に片付けてしまいましょう!