役立ち情報ブログ

大阪の方へ、ゴミ屋敷にすることの悪影響について

ゴミ屋敷トラブルってご存知ですか?
最近ゴミ屋敷の住人と近隣住民の間で起きる様々なトラブルが注目されるようになりました。
ゴミ屋敷はそこに住む住人だけでなく、近隣住民にも様々な悪影響を与えます。
現在自宅が汚部屋、またはゴミ屋敷状態という方は要注意!
今回はゴミ屋敷に暮らすことの悪影響についてお話します。

《衛生面》

・カビ/ホコリ

掃除がされず、数年分のホコリやカビが堆積しているような環境ではアレルギーを起こし呼吸器を歩くしたり、皮膚疾患になる可能性もあります。

・害虫や害獣/病原菌

堆積したゴミ袋の中から液体が床や壁に染み出し、家の中に悪臭が立ち込めているゴミ屋敷はかなり不衛生な環境…。
そういった場所にはゴキブリ、ウジ虫、ハエなどの害虫やネズミなどの害獣も住み着きます。
これらはチフス菌や大腸菌などの病原菌を媒介する場合もあり、健康被害を生む恐れがあります。

・悪臭

ゴミ屋敷トラブルで一番多いのが悪臭問題。
ゴミ屋敷の中でたくさん堆積したゴミは凄まじい悪臭を放ちます。
ゴミ屋敷に長い間住むと住人は徐々に匂いに鈍感になります。
とはいえそのような生活を送るのは体調不良や病気の原因になりかねません!
特に夏場などは近所にもひどい匂いが立ち込めるのでゴミ屋敷の住人と近所のトラブルは絶えません。

《火災》

紙類やプラスチックなどのゴミが多いゴミ屋敷は一度火がつくと消火に時間がかかります。
火の回りが早いので他の家にも燃え移るのが早いでしょう。
特に庭や軒先にもゴミが溢れている場合はそのゴミに放火されたら、大惨事になりかねません!
ゴミ屋敷があることは近隣住民の安全を脅かします。

《子供にも悪影響が?》

衛生的にも心理的にも悪影響を与えるゴミ屋敷。
そのような環境で育った小さい子供はどうなるでしょうか?
子供は大人以上に大きな影響を環境から受けます。
ゴミ屋敷のような不衛生な環境では虫刺されから感染症になったり、カビやホコリからアレルギーを起こす可能性もあります。
また友達や同級生から自宅のことでいじめられることもあるかもしれません。

今回はゴミ屋敷の悪影響についてお話しました。
ゴミで溢れた部屋で暮らすことで住人にとって良いことは1つもありませんよね。
それだけではありません!
あなたにとっては所有物であるそのゴミは近所の方の健康や安全にも大きな悪影響を与えかねません!
周りの人や何よりあなたと家族のためにも自宅を綺麗に片付けませんか?
部屋を綺麗にして清潔で穏やかな暮らしを取り戻しましょう!