役立ち情報ブログ

大阪のゴミ屋敷問題、どうすれば行政に行ってもらえるのか?

こんにちは、大阪市中央区で不用品回収や粗大ごみの処分を請け負っている株式会社ダストレです。

 

みなさんが住んでいる家の近所にごみ屋敷があり、住んでいる人がなかなか片付けをしてくれないという経験をしたことはありませんか?

 

大阪市では、ごみ屋敷に関する条例を定めているため、地域住民が不快に感じた場合に、ごみ屋敷に住んでいる個人に直接介入し、ごみ屋敷問題を解決するための措置を取ることが可能です。
また、個人に直接介入してごみ屋敷問題を解決するための措置を取ることを行政代執行と呼びます。
今回は、近所のごみ屋敷問題を行政に委託して解決してもらう方法について紹介します。

□行政代執行をしてもらうためには、自治体に相談を

 

最近、ごみ屋敷の増加傾向が見受けられるため、行政はゴミ屋敷問題を解決するための条例を制定され始めました。

 

今までは、ごみ屋敷というものがあまり問題視されておらず、行政に苦情を出しても、自治体がゴミ屋敷に対して強制的な措置を取ることはできませんでした。
なぜなら、ごみ屋敷の周辺に住む人たちがゴミを撤去してほしいと訴えたところで、ごみ屋敷の住人がそれらのゴミを自分の財産であると主張してしまえば、法律によって保護されてしまうからです。

 

しかし、今はゴミ屋敷が存在することによって、ハエやゴキブリなどの害虫が発生することや、火災によって周辺地域が被害を受ける可能性などが認知され始めました。
これらの背景から、ごみ屋敷が近隣住民の安全で快適な暮らしを阻害するものであるとの認知が広がり始めたので、行政はゴミ屋敷に関する苦情や相談を受けると、ごみ屋敷の状態を確認する、ごみ屋敷の住人に注意勧告や指導をするなどの対応をします。

 

ただし、ごみ屋敷を片付けるためには膨大な労働力が必要であり、ごみ屋敷の住人が高齢者や精神疾患を持っている場合は補助金によって片付け業者に清掃を委託することもあります。
注意勧告や指導を受けたごみ屋敷の住民が、健康かつ業者に清掃を依頼できる状態であるのにもかかわらず、反抗的な態度をとり、しばらくしても改善が見受けられない場合は、行政代執行され、ごみ屋敷に対してゴミの撤去が行われます。
行政代執行の後、使った費用をごみ屋敷の住人から回収して、問題の解決となります。

□最後に

 

今回は、近所のゴミ屋敷問題を解決するために行政の力を借りる行政代執行について説明しました。
みなさんも、身近にごみ屋敷がある場合は自治体に相談するようにしてください。