役立ち情報ブログ

大阪の方へ、汚部屋から抜け出すために持っておきたい考え方

こんにちは。
今回は汚部屋から抜け出す考え方について書いていきたいと思います。

 

部屋が汚くなる理由は人それぞれだと思っています。
ゴミを捨てに行くのが面倒くさかったりいつか必要になってしまうかも、まだ使えるしといった観点が多いのではないでしょうか。
しかし、大きく分ると捨てることを面倒になる人と捨てることに不安がある人の二種類です。
まず捨てることに不安がある人の場合を考えてみましょう。

 

大切な人から貰ったものや思い入れのあるものは特に捨てられないですよね。
自分のなかであれも大切、これも大切という風に大切なものの領域が大きくなると自分のなかでそれはゴミではなくなります。
家族にとって大切さが分からないのでいらないものと言われてしまい自分が批判された気持ちになって悲しいですよね。

 

そんな方は大切なものがない生活を想像してはどうでしょうか。
いま目の前にあるものが捨てられない理由はどうしてですか。
憧れてお金を貯めて買った、親の形見だからといった思い出に残っているものはこれからも大切にとっておきましょう。
持っている理由がすぐに思い浮かばないけどあると安心するからというものは本当に手元に残してもいいものではありません。
何か不安があるけれど目を向けられないから物で埋めてしまうのです。

 

捨てようとする前に悩み事はありませんか。
それは寂しさだったり過去の記憶だったりしますが人に話すことで楽になることもあります。
また心の隙間を物で埋めることがないように周りを頼っていいのです。

 

次に捨てることが面倒になる方は自分を大切にできないことが多いです。
捨てなくても生きられるから大丈夫と思っていませんか。
確かにどんな環境でも生きることはできますがそれは決して気分が良い状態ではないはずです。
なぜならずっと捨てなくてはいけないと思い続ける自分を責めてしまいます。
あなたは今より奇麗な空間に住む価値のある人です。
どの部屋も人が快適に使うことができて安心できる部屋であることが重要です。

 

ゴミの分別もゴミ捨て場に運ぶのも面倒ですが何よりその空間に居続けることが負担ではないでしょうか。
一戸建てでもアパートでも捨てないということは一時的に生活する空間を要らないものに取られてしまいます。
自分が使える場所のはずなのに使えないとイライラします。
だけど物がありすぎてどこから手を付けていいかわからないし自分でも何があるかわからない状態になりやすいのです。
一度片付けのプロに任せてお試しで一部屋や庭の一角をきれいにしてみるのもいいですね。

 

大阪で片づけを考えている方はこの二点を考えてみて下さいね。