役立ち情報ブログ

子供部屋がゴミ屋敷に、片付けをする際の注意点を大阪の業者が解説

子供が成長するにつれて部屋の掃除や管理に親は介入しなくなっていきます。
これは子供の成長段階で必然のことではありますが、中にはその間に部屋にいらないものが溜まってゴミ屋敷状態になってしまうというケースも出てきます。
子供部屋のことなのですから、子供自身に掃除をさせるべきという人もいるかもしれませんが、子供の性格や性質上それが難しいというのであれば親や家族がそれを手伝ってあげるのも一つの手です。

 

ただ、ここで注意しておかなければいけないのが、子供のプライドを傷つけないようにするという点です。
親が汚れた部屋を見て不快な思いになる、ボロボロの洋服や雑貨を見てゴミだと感じるのは当然のことかもしれませんが、子供にとってはそうではありません。
周りから見ればごみのような代物でも、本人にとっては大切な思い出の品なのかもしれないということです。
ここで不用意に強い口調で「掃除をしなさい」「ゴミなら捨てなさい」と言ってしまうのは簡単なことですが、この発言によって子供のプライドが傷つけられて意固地になってしまう可能性もあります。

 

自分でも片付けをしなければと感じていても、家族に真っ向から否定されてしまってはその気も失せるというものです。
ここでは出来るだけ子供自身の気持ちに寄り添って、当人にとって何が大切で何がいらないものなのか、再確認させていくことから始めていきます。
家族が勝手に荷物を捨てるとその再確認が出来ないまま、子供との亀裂が大きくなるばかりです。
一緒に掃除を行う際は多少時間がかかったとしても本人に毎回確認をしていく事、そして本人がいると判断したものは出来るだけ残して後で自分で整理する、管理することを覚えていきます。

 

家族がこうした作業に毎回付き合っていくには相当の体力と気力が必要です。
その負担を軽減するために、大阪には掃除の専門家が複数点在しています。
自分たちでは処理しきれないほどのゴミ、処分品をすべて引き取ってくれるので、素人が作業を行うよりも断然早く、確実な掃除が可能になっていきます。

 

ただ、ここでも注意しておきたいのが、業者選びの際もその質には気を遣っていかなければいけないという点です。
ただ闇雲にごみを処分していく業者ではなく、出来るだけ子供の意見を尊重しながらいるものといらないものとを選定し、その後処分してくれる業者を選んでいきます。
たったこれだけの事でも子供自身が自分の荷物を整理する、管理するという意識が身に付きますし、その後の生活も幾分改善されていきます。
子供本人に自分の部屋の現状を認識させる事、これが最も大切になってくるわけです。