役立ち情報ブログ

大阪にもあるゴミ屋敷、トラブルや行政による執行事例をご紹介

大阪にもゴミ屋敷は多数存在していますが、まだゴミ屋敷を行政代執行執行は行われていません。
しかし全国ではいくつか執行された事例があります。
それをご紹介していきましょう。

 

まず一つ目は横須賀市でゴミ屋敷の行政代代執行事例です。
横須賀市ではものの蓄積などに起因して害虫やネズミが発生したり悪臭や火災の危険があるので、建築物や近隣の生活環境が損なわれているような状況を改善するそっちは常に行われている町でした。
横須賀市の船越町で、屋外ベランダ今日友人に堆積しているものを撤去しよくない生活環境を改善するよう是正を求め、戒告を何度も行っていたものの、ゴミ屋敷の主はそれを無視し続けたため平成30年の夏に代執行が行われました。
屋外やベランダでの子さらに共有地に蓄積していたものを全て除去し1710kmという大量のゴミが撤去されたのです。

 

また名古屋でも行政代執行が行われた事例があります。
2018年の7月3日で、名古屋市の中区松原で10年以上問題になっていたゴミの撤去が行われました。
名古屋市では2018年4月にゴミの屋敷に対処する条例が施行されています。
さらに京都市でもゴミの屋敷の行政代執行を行った例がありますが、これは少し古い事例です。
2015年11月に全国で初めて行われた強制撤去の例です。
問題となっていたのは50代の男性で、京都市右京区の長い県のアボットに在住しながら古新聞雑誌などをかなり大量に積み上げていました。
新職員は100回以上訪問や指導を行っていましたものの無視し続けたため強制撤去に踏み切りましたものの、最初の相談から6年も月日が必要でした。

 

東京でも行政代執行が行われた事例があります。
2017年の1月17日でした。
1995年から近隣住民の生活にかなり悪影響を与えるような重大な後大量のゴミをためていたので、市職員による指導や説得が繰り返されましたが全く解決しませんでした。
そして2017年に所有者が死亡したため特別措置法が完全施行され成功されることによって行政代執行が実施されました。
建物は木造2階建てで、約171平方メートルにゴミが大量に積み上げられていたのです。

 

大阪市ではゴミ屋敷で周辺地域の生活を悪い影響を害虫や悪習などに及ぼしている場合は改善しその原因は解決されるものを目的として条例が制定されています。
もしもお悩みの場合でしたら市に相談してみると良いでしょう。
地域関係機関等が連携してそのゴミの屋敷を作っている人に支援を行うという形を心がけています。
周辺で迷惑している場合は、思い切って訴えることも大切です。