役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷の放置によって損することを大阪の清掃業者が解説

様々な事情によって、ゴミを捨てられないと悩む人が増えています。
しかしゴミを捨てずに放置してしまうと、周囲に迷惑をかけてしまうゴミ屋敷になってしまいます。
そうなると様々なデメリットが出てしまうので、大阪の清掃業者がいくつか損するポイントを指摘しています。

 

まず1つ目は、ゴミが放置された状態になってしまると家の外と内でそれぞれ大きな損をしてしまいます。
外側にゴミが散乱してしまうと、それを見た人が汚いと感じるだけでなく、他の人がゴミを捨てにきてしまうという弊害があります。
最近はゴミの分別が厳しくなっていて、処分するときには手数料がかかることも増えています。
処分に困った人が、ゴミ屋敷になら置いてきてもいいだろうと考えて、不法投棄をすることがあります。
そして内側にゴミがたまると、ゴキブリなどの害虫やネズミが発生しやすくなります。

 

害虫や害獣というのは、存在だけでも気持ち悪いですが、糞尿をまき散らしてさらなる被害を発生させます。
他の害虫を繁殖させるきっかけを作ったり、空気中に糞尿がまき散らされることで人間に健康被害を与えることになるからです。
またネズミやシロアリなどは、家の建築資材を噛んだりして腐敗のきっかけを作ることがあります。
そうなったら耐震性や強度にも問題が出てくるので、家そのものも安心して住めなくなってしまいます。

 

他に損をする点として、いたずらなどで放火をされてしまう危険があるということです。
放火をされたら、ゴミがたくさんあるので逃げ遅れてしまったり、一瞬のうちに火が燃え広がってしまうなど、命の危険にさらされてしまいます。
放火ではなくても、家の中にいて火の不始末で燃え広がってしまったら、自分の家だけでなくお隣などご近所にも燃え移りやすくなってしまい、大きな被害を及ぼすことになります。

 

最後に損をする点として、持ち家であればゴミ屋敷の状態では価値がほとんどないとみなされます。
ゴミがあることによって害虫だけでなく嫌な臭いが発生しやすくなり、それが家にしみ込んでしまうと、売却しようとしても買い手が見つかりません。
ご近所からもゴミ屋敷があることで、その地域の評価が下がってしまうというクレームが入ることもあるので、経済的な面でも損をすることになります。
同じように賃貸物件であっても、退居をするときには原状回復をしなければなりません。
しかしゴミが散乱していると、借りた時の状態に戻すためには大がかりなリフォームや掃除をしなければならないので、それらは敷金から引かれるどころか別料金が発生することもあるでしょう。