役立ち情報ブログ

大阪での汚部屋掃除、汚れを取る洗剤は何を使えばよい?

日頃から掃除をする機会が多い人は、1回の掃除にかける時間を短く済ませることができます。
また、どのような洗剤を使えばよいかについても、あまり神経質になる必要がありません。
しかし掃除をする回数が極端に少ない人の場合、いわゆる汚部屋の状態になってしまいます。
このような状況になっていると、簡単に掃除をすることができず、十分な時間が作れないから掃除をしなくなり、ますます汚れていく悪循環に陥ります。
手間がかかることは避けたいと思うのは仕方のないことですが、快適な生活を送るために掃除は欠かせない作業です。
正しい方法を身につけて、少しでも早く汚部屋から脱却することが大切です。

 

ちょっとした汚れであれば、特に洗剤を使わなくても簡単に落とすことができます。
水で濡らした雑巾で拭いた後、乾いた雑巾で乾拭きをするだけで十分です。
しかし頑固な汚れがこびりついている場合は、そのような方法では落としきることができません。
とはいえ、だからといって強力な洗剤を使えばよいのかというと、そう単純な話でもないのです。
掃除の仕方を間違えてしまうと、汚れを落とすことはできても、床を傷めてしまう可能性があります。
大阪で汚部屋掃除を手がける会社に相談し、適切な掃除の仕方を学ばなければなりません。

 

本格的な掃除をするというと、一般の人にとっては難しいイメージがあります。
そのイメージが間違っているわけではないのですが、一般の人だから不可能というわけでもありません。
ただし、掃除をする箇所・素材によって、やり方を変えなければならないため、どこでも同じように掃除をすることはできない点に注意が必要です。
たとえばカーペット・絨毯の汚れを落としたい場合は、強引に拭いたりするのではなく、水などで丁寧に拭くようにしなければなりません。
これに対し、フローリングの床の汚れを落とす際は水だけでは不十分なので、しっかりと洗剤を使うことになります。

 

フローリングと一口に言っても、無垢材と合材の2種類があることに気を付けなければなりません。
素材がどちらなのかによって、掃除の仕方は大きく変わってきます。
特に、無垢材のフローリングで水を長時間使って掃除をすると、表面に塗られたコート材が剥がれ落ちてしまうので要注意です。
無垢材でも合材でも掃除をする際に使用するのは中性の洗剤ですが、掃除が終わった後にワックスを塗るべきかどうかは素材による違いがあります。

 

一般的に、無垢材のフローリングはワックスを塗った方がよいイメージがあるのですが、中には塗らない方がよいものもあるため、事前に確認しなければなりません。