役立ち情報ブログ

汚部屋の掃除はどこから取りかかるべきかを大阪の業者が解説

少しの部屋の汚れであれば、少し気合いを入れれば片づけ始めることができるでしょう。やっているうちに少しずつ片づけも苦痛ではなくなり、だんだんともう少しきれいにしたいという欲がでてくるものです。片づけが終わると部屋もすっきりし、自分もよい気持ちになり、良い流れが起こるといえます。

 

一方で汚部屋の片付けとなると、ごみの分別や処分方法が分からない、そもそもどこから手をつければよいのかわからないなど、片づけを始める気にさえならないということがほとんどでしょう。少し片付けたぐらいでは部屋の様子も全く変わらず、これでは挫折しやすくなってしまいます。

 

大阪の業者が解説する汚部屋の掃除方法としては、大きく分けると二つの片付け方法に分かれます。一つ目がエリアごとに片づける方法です。狭いエリアを決めて、そこを徹底的に片づけていくものです。例えばごみ出しがしやすいようにと、まずは玄関をきれいにし、少しずつエリアをかえながらきれいな場所を増やしていきます。

 

この方法であれば片づけ効果も目に見えてわかりやすく、最初の1か所が上手にできれば、自分でもできるんだという自信につながりやすいでしょう。しかしエリアが狭くてもたくさんのものができるため、ごみの出し方や整理の仕方、捨てるのかとっておくのかなどに悩むことが意外に多く、混乱するケースも見られます。あまり悩まない人や、ごみの出し方がある程度分かっている人であれば、この方法はうまくいきやすくなります。

 

もう一つの方法が種類や品目に分けて片付けていくのです。洋服や段ボール、燃えるごみやペットボトルなど、その日のごみの種類を決めて片づけていきます。悩むことも少なく、ひたすら同じ作業を繰り返すことになるため、効率よく作業ができるでしょう。ごみ出しも簡単で、例えば燃えるごみの日の直前に燃えるごみを片づけることができれば、すぐにごみ出しもでき、スペースもうまく作ることができます。

 

反対にデメリットとしては、少しずつ全体が減っていくため、最初のうちはなかなか目に見えた効果が実感しにくいものです。種類や品目ごとに片づける方法は、どうやって片づけてよいのかわからないということが少ないため、効率良く、初心者には比較的進めやすい方法と言えます。

 

自分でやろうと思っても、なかなかうまくいかなかったり、自分には作業が多すぎる、不用品や粗大ごみなどの片付けも同時に行いたいというのであれば、自分で片づけをするのではなく、いっそのこと片づけのプロにお願いしてもらうのもよい方法です。自分で片づけを行う必要がないので非常に楽で、自分で行うよりもきれいな状態になります。