役立ち情報ブログ

大阪の方ご注目、汚部屋を解消するには執着心を断つこと

テレビでもたまに見かけるのが、いわゆる「ゴミ屋敷」と呼ばれる汚部屋や一軒家です。
無造作に隙間なく物が積み上げられており、その中には強烈な臭いを発生させてしまうような生ゴミのような類もあります。

実際にそこに住んでいる人以外は迷惑や被害を被らないわけではなく、近隣にお住まいの方にとっては酷い悪臭や害虫・ネズミなどの不衛生的な被害や、単純に見た目の外観からくるネガティブな悪影響も受けることになります。
それから、万が一火災などの被害に遭ってしまうと、とても燃えやすい状態を作ってしまっていることで大きな被害を与える・与えられることになってしまうことに繋がりかねません。
ゴミ屋敷や汚い汚部屋というのは、まさに百害あって一利なしの状態です。

このような問題というのは、都会や田舎に限らずにどこでも起こりうるものです。
西日本の都会である大阪でも、ゴミ屋敷で悩んできた事例はいくつもあり、現在でも進行形というケースも多々あります。

大阪市では、市のオフィシャルサイトにて地域対策の内容として、ゴミ屋敷の対策について情報を掲載しています。
市では条例を定めており、インターネット上からもPDF形式にて「大阪市住居における物品等の堆積による不良な状態の適正化に関する条例」を閲覧することができます。
この条例は、住みやすい環境を整えて維持していくために、住んでいる方や、その近隣にお住まいの方や、賃貸物件であればそのオーナーなど、色んな人が協力しながら、一緒に取り組んでいきましょうねという内容になっています。
その他にも大阪市として、どのような行動をしていくのか等の情報や、相談窓口等が設けられています。

少し視点を変えて、自分自身が現在や将来で、ゴミ屋敷やゴミの汚部屋の住民にならないように気をつけておきたいポイントの話です。
それは物に対する極度の執着を捨てることです。
これは「まだ使用できるから」といった心理からくるもので、物を捨てるのが勿体無いと異常なほど考えてしまう人は危険です。

物を大切にすることはとても良いことではあるのですが、それが度を過ぎてしまうと、一気に汚い汚部屋へと変貌を遂げてしまう可能性が高まります。
本当に必要な物以外は思い切って断捨離することをおすすめしますし、そうすることによって自分の部屋や家が片付くだけでなく、心の中も整理することができます。
必要な物とそうでない物を判断するクセを身に着け、当たり前の習慣とすることによって、物への執着も無くなり、頭の中までスッキリして前向きな思考を持ちやすくなります。
これは決して大げさではなく、自分の人生を豊かにするためにもとても大切なことなのです。