役立ち情報ブログ

大阪の方ご注目、ゴミ屋敷にまつわる近所とのトラブル

ゴミ屋敷にまつわるトラブルはテレビなどでも頻繁に報じられているために、知っている人は多いかもしれません。
色々な理由で物をため込んでしまい、終いには足の踏み場もないような家になってしまい、挙句の果てに「ゴミ屋敷」と呼ばれるようになってゆくのです。
しかし家主からするとゴミと言われているものは「資産」と言い張る人も中にはいます。
しかし、資産と呼べるものは多少なりともあったとしても、中にはとてもそうは呼べないようなものもあります。

一番たちが悪いのは生ごみが混じっている場合です。
ゴミ屋敷の家主が食べたものの空き袋などをそのまま放置したりすると、色々な近所トラブルが発生する原因になります。その一つが悪臭ではないでしょうか。

悪臭はいろいろなものが混合したりして発生することもあれば、食べ残しにカビが生えたりして発生することもあります。
そしてもう一つは虫の発生です。
夏場は特に虫の問題は深刻ではないでしょうか。
害虫がゴミ屋敷の食べ残しを求めて集まってくるのです。
もうここまでくると、近所トラブルに発展する可能性が高いです。
もしもゴミが家の中だけではなくて、庭やもしくは公道まで飛び出していた場合には、深刻な問題に発展する可能性が非常に高くなります。

そしてこのゴミ屋敷は全国津々浦々で問題になっていますが、中でも大阪の場合だと「長屋」が多いという特徴があります。
その長屋の一軒でゴミ屋敷が発生した場合にはゴミ屋敷とその両隣の家が繋がっているために、さらに深刻な問題になることもあるかもしれません。

そして一番怖いのは「火事」です。
燃えやすいものを庭や行動に放置してある場合には、何らかの原因でそれに引火して火災が発生した場合には大変なことになります。
特に長屋であれば火が燃え移る可能性が特に高いのは言うまでもありません。
もちろん長屋でなくても深刻な問題に発展することは間違いないでしょう。
このように色々な問題を引き起こす可能性があるゴミ問題ですが、最悪のトラブルに発展する前に対策を取りたいものです。

その為には屋敷の住民との話し合いが一番良いのですが、このような屋敷の住民に限ってゴミを片付けるなどの行為を怠りがちです。
さらに近隣住民の言う事に聞く耳を持つ可能性も低いものです。

ですが粘り強く行政と住民が協力し合って、この問題を解決してゆかなければ、いつまでたっても進展しません。
ゴミ屋敷があるだけで衛生的にも良くありません。
その地域の印象も悪くなるものです。
それを防ぐための努力が必要になることは言うまでもありません。