役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷の臭いの根源とその対策とは?大阪にお住まいの方必見です!

「ゴミ屋敷の臭いが耐えられない、いったい何が原因なの?」
「部屋があまりにも汚くて臭ってきた、どうやって解決したら良いのだろう。」
ゴミ屋敷の臭いは、特に夏場になると体に異変が起きるほどの悪臭を放つ場合があります。
今回はゴミ屋敷の臭いの根源が何なのか、さらにはどうやって解決すればよいのかを徹底解説します。

□なぜゴミ屋敷は臭うのか

強烈な臭いの原因はどこから来るのでしょうか。
食べ物をそのまま放置するとだんだんと腐っていき見た目が悪くなって、悪臭を放ちます。
このような「腐敗臭」は食べ物が生み出す臭いではなく、食べ物に繁殖した細菌が原因です。
ゴミ屋敷では、日用品や衣服、食べ残し、ゴミといった様々なものを積み重ねているため食品ゴミの腐敗に気づかず、置きっぱなしにしてしまうケースがあります。
これが、湿気や高い室温によって腐敗を助長させるのです。
ですので、夏や梅雨といった湿度が高い時期は特に臭いがひどくなります。
臭いが発生したばかりであれば、消臭剤で解決できますが、腐敗臭の粒子が壁や床に付着すると、なかなか臭さが取れなくなってしまいます。
細菌だけでなく、食べ残しを狙ってやってくる害虫や害獣が悪臭を引き起こす場合があります。
ゴキブリやネズミといった生き物は食べ残しを食料に成長しています。
それらの排泄物や個体の臭いも相まって我慢ならない臭いを発するのです。

□ゴミ屋敷の臭いを解決する方法

ゴミ屋敷が臭うということは、室内環境が非常に劣悪になっているのだと言えます。
はじめに臭いの根源をつぶしましょう。
生ゴミ、排水溝の臭いは湿気・水分と高温によって生じます。
湿気のあるゴミは水分を切ったあとで処分しましょう。
生ゴミは新聞紙を覆いかぶせて捨てることで、悪臭を吸い取ってくれるそうです。
ゴミの臭いは、酢やクエン酸によって対策を取ってください。
生ゴミから発生する汁を酸の力で消しましょう。
酢を水で薄め、キッチンペーパーを浸した状態で、ごみ袋の底全体に広げてください。
食べ物の傷みは酸化によって起こっているため、重曹を用いてアルカリ化することで臭いが軽減されます。
カビや雑菌の対策には、エタノールを使ってゴミがあった場所を消毒することも得策です。
臭いが気になる箇所にぜひ実践してください。

□まとめ

ゴミ屋敷が悪臭を放つ原因とその解決法についてご紹介しました。
気温が高くなり湿度が上がることで、余計臭いが強くなり、室内環境もさらに劣悪になります。
部屋に住む方だけでなく近隣の方にも被害を及ぼす可能性があるので、早めの対策を取りましょう。