役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷が引き起こすご近所トラブルとは?大阪でゴミ屋敷の処理に困っている人必見です。

ゴミ屋敷は昨今の社会問題のひとつになっており、明らかにゴミに埋もれているケースがある一方、予備軍とされる危険な状態の住まいも数多く存在すると言われています。この問題の厄介なところは、そこで暮らす当事者だけでなく、近隣への迷惑にもなり兼ねないことです。

 

ご近所トラブルも実際に起きており、内容としてはまず衛生的な問題です。ゴミの中には食品に関する物も多く、そこから発生する臭いによって近隣で暮らす人が迷惑を被ってしまうことがあります。特に夏場は臭いが強くなりやすい上、広範囲にまで影響を及ぼし、外に洗濯物を干せないといった悩みにもなりがちです。また、害虫問題もありがちな内容で、ゴキブリやハエなど、こういった迷惑な虫の繁殖を促してしまうことで、ご近所から嫌がられます。

 

景観を損ねてしまうのもゴミ屋敷の問題です。一見すると普通の街並みの中、ゴミに埋め尽くされた住宅があったらどのように見えてしまうのでしょう。街並みの様子に対して良い印象を抱きにくいものであり、荒れた土地柄に感じる人もいるかもしれません。集合住宅の場合も同様で、廊下やベランダなどにまでゴミが溢れている様子を見せられると周囲も良い気がしないはずです。入居者も入りにくくなるために、建物のオーナーからしても困った状況となるでしょう。

 

安全性の面でもゴミ屋敷は不安材料になりやすいです。例えば火災事故といったトラブルが発生した場合、速やかに消火活動を行うことができません。火の手が燃え広がってしまうと近隣へと被害を拡大させる可能性がありますので、ご近所で暮らす人からすれば万一の事態に不安を抱くのも無理はないでしょう。

 

このような理由でご近所の不安を煽ってしまうのがゴミ屋敷の困ったところですが、それだけが問題ではありません。ゴミ屋敷で暮らす当事者に対する不安を抱える近隣住人も多いです。そのような状態を放置していることで当事者の精神状態が疑われ、近くで暮らす人も事件に巻き込まれるなどしないか心配に感じてしまうところであり、今まさに不安を抱えながら過ごす大阪住民も存在するのです。

 

様々なご近所トラブルを引き起こす問題なだけに、もし該当する場合は一刻も早い問題の解決が推奨されます。とはいえ、すでに自分の手ではどうしようもできない、そんな時には弊社にお任せください。プロの技で本来あるべき姿を取り戻すためのお手伝いをいたします。自宅に問題を抱えている時はもちろん、住人が亡くなられた後の汚部屋をどうにかしたい時など、あらゆるオーダーに対応することが可能です。