役立ち情報ブログ

大阪でゴミ屋敷を作ってしまった方へ、意外な危険性を解説します!

大阪に住んでいて、いつの間にかゴミがたまってしまってゴミ屋敷と言える状態になっているという方もいるのではないでしょうか。特に自分自身が問題を感じていないから、そのままでもよいだろうと考えていると、思わぬ危険性が生じることがあります。どういった危険があるのか、チェックしてみましょう。

 

まず挙げられるのが近隣に迷惑をかけるという事です。自分では気になっていなくても、集められたゴミが悪臭を発していたり、虫が湧いていたり、動物がすみついたりすることがあります。近くでそういった状況になっていると、いくら塀などがあっても防げるものではありません。建物や塀からあふれるような状況の場合にはなおさらです。そのような状態を続けていくことで、近隣の方の生活にも悪影響を及ぼしていくことになるので、自然と関係の悪化にもつながっていくことになります。近隣との関係は生活に不可欠なものですから、そこがうまくいかないと自分自身の毎日の生活もうまくいかないということになってくるでしょう。

 

また、建物外までゴミが増えてしまうということになると、犯罪なども起こる可能性が高くなってきます。火のつけやすいところに燃えやすいものがたくさんあるという事では、放火を誘発する恐れがあるのです。放火があれば自分の家だけではなく近隣にも大きな損害を与えることになります。さらに、不審者が潜む場となったり、自分が捨てたのではないごみを捨てられたりという事にもなってきますから大きな問題になるのです。

 

その他にも、もちろん自分自身の生活を脅かす恐れも出てきます。足元などに多くのごみがあると、躓いたり足に刺さったりすることでけがをする恐れもあるのです。悪臭を放つこともありますし、掃除が行き届かないことで雑菌なども繁殖しやすい状況になります。そういった状態の中で暮らしていると、健康に影響が出てくることが多くなり、病気などの可能性も高くなってくるのです。健康は一度損なってしまうと元に戻すのも大変ですし、自分らしい生活が出来なくなってしまう原因ともなります。医療費なども多くかかってくることになってしまうのです。

 

このように、目に見える問題以外にも多くの危険性があるということがわかります。ちょっと手が回らないから片付けられない、という事で放置しておくのではなく、出来るだけ早く解消するように心がけましょう。自分だけではゴミ屋敷の片付けが出来ないという場合には、周りに助けを求めたり、プロの力を借りたりするという事も有効です。ぜひより良い暮らしのために片付けを始めましょう。