役立ち情報ブログ

大阪でゴミ屋敷に困ってる方へ|ゴミ屋敷が周囲に及ぼす影響について解説します

ゴミが溜まりすぎ、家の外にまではみ出しているゴミ屋敷の問題は、全国各地で起きています。大阪の高齢の両親が住む家を久しぶりに訪れたら、ゴミ屋敷化していたという話も珍しくありません。ゴミ屋敷は見た目が悪いと言うだけでなく、さまざまな悪影響を周囲に及ぼします。特に大阪のように民家が密集しているところでは、大きな問題に発展しかねません。ここではどんな悪影響があるのかについて解説します。

 

ゴミ屋敷に溜まっているゴミはさまざまな種類があります。それは衣類であったり、時には生ゴミのこともあります。長期間放置しておくとどうなるでしょうか。近所の住人ならすぐわかりますが、溜まったゴミから強烈な刺激臭が発せられるのです。強烈な臭いを毎日嗅がなくてはならないということは、日常生活に支障をきたします。

 

大量のゴミは、火災の原因になるというリスクを常に抱えています。山積みになっているゴミの一部から出火した場合、火の回りがとても早く、あっという間に燃え上がる可能性があります。燃え上がった炎が隣の家に移れば、大惨事になってしまいます。

 

ゴミ屋敷は衛生面から見ても深刻な問題を抱えています。腐敗した食べ物にはハエやウジの他にネズミやゴキブリと言った害虫が集まります。害虫が集中している様子は、見た目もそうですが、周囲にも侵入のリスクを与えてしまいます。さらに害虫を媒介にした感染症や病気が懸念されます。

 

ハエは食中毒の原因となるO-157や大腸菌など人間に有害な細菌を運びます。これらの細菌に感染した場合、さまざまな体調不良を引き起こし、時には命の危険にさらされることもあります。免疫力の弱いお年寄りや小さな子供がいる家庭は特に気になるのではないでしょうか。

 

ゴミが溜まるくらいの家ですから、家の中は長年掃除されていないということが容易に想像されます。掃除されていない家はホコリがたまります。ホコリにはダニが大量に棲み着いています。ハエと同様ダニもさまざまな細菌を運びます。ダニが原因で引き起こされる病気には、ダニ媒介性脳炎や重症熱性血小板減少症候群、ツツガムシ病などがありますが、その症状は下痢や嘔吐、けいれん、重症化した場合は命を落とすことさえあります。

 

ホコリは感染症の他にもアレルギーを引き起こす原因にもなります。アレルギーは一旦発症すると再発しやすく、住んでいる環境によっては重症化します。ホコリが周囲に飛び散った場合、それだけ被害は拡大します。アレルギーは発疹などの皮膚障害から咳や鼻水、呼吸困難など呼吸器系の症状までさまざまです。