役立ち情報ブログ

大阪でゴミ屋敷に困ってる方へ|ゴミ屋敷の火事の危険性とは?

毎日快適に生活をするためには掃除が行き届いていることが大切です。毎日の掃除や整理整頓が苦にならないという人もあれば、掃除が苦手な人やゴミを捨てられないという人も少なくありません。そして状態が悪化するとゴミ屋敷化してしまい、足の踏み場もない状態になってしまいます。住んでいる本人が不快なことはもちろん、家の外にまで出たゴミや異臭などで近隣に迷惑をかけてしまう例もあります。

 

ゴミ屋敷になるデメリットは、快適な生活ができないことや臭いの問題、近隣とのトラブルなど様々なものがありますが時には危険を伴うこともあります。多くのゴミの下敷きになり身動きがとれなくなってしまう可能性もありますし、時には火事が発生することもあり、こうなると住んでいる本人だけではなく近隣にまで被害が及ぶことになります。

 

大阪でもゴミ屋敷のトラブル例はいくつもありますが、特に火事は大きな被害につながるので防ぎたいところです。火災が発生してしまう理由としては、まずタバコがあげられます。自分が吸ったタバコの火がゴミに引火し燃え移ることもありますし、外部からのタバコのポイ捨てから火がつく可能性もあります。

 

さらに、ゴミ屋敷では、ゴミを捨てないだけではなく掃除も行き届いていませんので、トラッキング火災が起こる可能性も高いといわれています。コンセントの差し込み部分にほこりがたまることで着火することもありますが、ゴミが家の中でいっぱいになっているとコンセントの状態を確認することも困難になります。

 

この他では生ごみを捨てないことで、ガスが発生しそれがライターの火をつけた瞬間などに爆発することもあるといわれています。そして時には放火が原因で火災になることも考えられます。ガスコンロの消し忘れが火事につながることもありますし、寒い時期はストーブなどの暖房器具の使用頻度も増えるのでそれが原因となるかもしれません。

 

火事を防ぐためには、やはりゴミの問題を解決することが大切です。できるだけ早く処分することが大事ですが、かなりゴミが増えてしまった場合は個人の力だけでは対応するのも困難です。

 

できるだけ早く問題を解決するなら、やはりプロによるサポートを利用することがおすすめです。ハウスクリーニングに対応した業者は多く存在しますが、ゴミ屋敷の依頼をする場合は特殊な例に対応できる業者を選ぶことが大切です。

 

専門家に依頼すれば、大量のゴミも短時間で処理できますし、分別も正しく行われます。さらに、ゴミを捨てた後の清掃まで任せることができますので、短い期間に快適な住まいがよみがえります。大量のゴミの処分や清掃でお悩みの方はぜひご相談ください。